2022年最後のビッグレース!今年の有馬記念の注目は?

競馬大好き、マネー探検隊のりんです。

2022年も残すところわずかとなりました。

年末といえば、そう!有馬記念です。

1年を締めくくるビッグレースである有馬記念、今年は12月25日(日)に中山競馬場で開催される予定です。なんと!クリスマス開催です!

有馬記念がどんなレースなのか、主な馬券の購入パターン、個人的な今年の注目馬などを紹介していきたいと思います。

有馬記念とはどんなレース?

有馬記念とは毎年年末に実施されるGⅠレースで、中山競馬場の芝2500mが舞台です。

1年で一番馬券が売れるレースともいわれており、年に1度だけ馬券を購入するという人もいるくらいです。1996年の有馬記念では、1レースで875億104万2400円の馬券を売り上げたことも。この金額は、1レースでの馬券の売上の最高記録としてギネスブックにも掲載されています。

有馬記念の大きな特徴として、ファン投票による人気馬にも出走権が与えられる点です。

原則として有馬記念に出走できるのは、JRAもしくは地方競馬に所属している馬で、通算収得賞金+過去1年間の収得賞金+過去2年間のGI競走における収得賞金の総計が多い順となります。

しかし、有馬記念はファン投票が事前に実施され、ファン投票上位10頭には優先出走権が与えられます。獲得賞金が足りておらず、本来であればレース参加が難しい馬にも出走のチャンスがあるのです。

有馬記念の近年(過去10年)の馬券の傾向

2012年~2021年までの有馬記念の結果から、馬券の傾向を3つのポイントから考えてみます。

ポイント1:馬の人気順

有馬記念は1番人気の馬が馬券内に来ている傾向にあります。過去10年で勝率は60%、3着以内に入る複勝率はなんと80%。

逆に、10番人気以降の馬は勝率が極めて低い傾向にあります。2着に入選してきた馬こそ過去10年で2頭ほどいますが、2頭とも重賞レース(GⅡやGⅢ)を勝利しているなど、きちんと結果を残している馬です。

有馬記念を好走できる馬は、過去に大きなレースで好走していたり、力がある馬という傾向があります。

ポイント2:枠順

枠順を見てみます。過去10年の結果では、大外の8枠で勝利した馬が1頭もいません(馬券内に入った馬も3着が1頭のみ)。中山競馬場の2500mはスタート後すぐにコーナーがあることから、外枠の馬はポジションを取りづらく不利になりやすいことが関係していると考えられます。

ポイント3:馬の年齢

有馬記念は1年の集大成のようなレースで、芝の中距離レースの巧者たちが一同に揃います。そんな中、過去10年では3歳馬の勝率が16.7%と高いのです。クラシックのレースを走ってきた3歳馬たちが古馬と激突し、力のある馬は勝利を収めています。今年は天皇賞・秋を勝ったイクイノックスや、菊花賞ハナ差2着だったボルドグフーシュなど、強い3歳馬が出てくるので注目です。

逆に、有馬記念では6歳以上の馬の勝利は過去10年ありません。3~5歳の馬を中心に馬券を組み立てるのがいいかもしれませんね。

マネー探検隊隊員的2022年の有馬記念の注目馬

ただの競馬が好きな素人の予想のため、参考にならないかもしれません(馬券購入は自己責任でお願いします)が、1週前登録で馬が16頭出揃ったので、マネー探検隊隊員・りん的に今年の注目馬を数頭上げていきたいと思います。

※2022年12月13日時点


まず、ここは外せないと思います。人気投票第1位かつ、今年の天皇賞・春、宝塚記念を勝ったタイトルホルダー。中山競馬場ではまだエフフォーリアに勝利していないのですが、ここはなんといっても勝ちたいところかと思います。(個人的にはエフフォーリアの復活の方が見たいです・・・)

現役最強と言われているタイトルホルダー、やはり馬券的には軽視できない1頭です。去年の有馬記念から手綱を取る横山和生ジョッキーとの息の合ったレースに期待です。


次にあげたいのが、牝馬ジェラルディーナ。母・ジェンティルドンナが勝った有馬記念を思い出しますね。

中山でのGⅡのオールカマーを勝ち、阪神のGⅠエリザベス女王杯でGⅠ馬の仲間入りを果たしたジェラルディーナ。

中山は合っていると思うので、ここは一発を期待したいです。海外の名手、C・デムーロ騎手とのコンビでどんなレースを見せてくれるのかすごく楽しみです。


3歳馬からは、ボルドグフーシュをあげたいと思います。恐らくイクイノックスの方が人気はするかなと思っていますが、私はこちらに注目しています。(C・ルメール騎手、クリスマスの有馬記念めちゃくちゃ強いんですけどね……)

今年の菊花賞はとにかくアスクビクターモアが強かったレースでしたが、最後の直線、驚異の末脚でハナ差まで迫ったボルドグフーシュ。

中山は初出走ですが、面白いレースをしてくれるのではないでしょうか。来年2月で騎手を引退する名手・福永ジョッキーとの初コンビに期待です。


そして最後にあげたいのが、私の推しエフフォーリア。この春は2度の輸送でどちらも本領発揮できず、不完全燃焼なレースになってしまい、秋は脚元不安で天皇賞・秋を見送り……そろそろエフフォーリアの完全復活が見たい!喜び爆発の横山武史騎手が見たい!!と願わずにはいられません。

これだけ注目馬をあげましたが、馬券はエフフォーリアのみでいこうと思うくらい、応援してしまうコンビです。どんなレースを見せてくれるのか、今から楽しみです。


以上、個人的な予想でした。

今年は豪華メンバー(GⅠ馬が7頭も!)勢揃いの有馬記念。レースが楽しみで仕方ないです・・・!指定席の抽選当たらないかなぁ・・・


JRAの競馬場はだんだんと入場可能な人数が増えてきたものの、未だ抽選制のため、気軽に生で競馬観戦できないのが残念です。しかし、馬券はインターネットでも簡単に買えますし、日曜日は競馬のレースもリアルタイムで中継されています。

気になる方はクリスマスに有馬記念を観戦してみてはどうでしょうか?


みなさんの楽しい競馬ライフをお祈りしています(。-`ω-)