証券取引所を介さず株が売買できる!?PTS取引

資産運用として株式投資を始めたいと考えている人は少なくありません。しかし、株取引が行える時間には制限が設けられており、日中働いている人にとっては株の取引をゆっくり行うことは難しいと思います。そんな取引時間の問題を解決してくれる取引方法があります。それがPTS取引です。

今回は、PTS取引の基本情報やメリット・デメリット、そして実際にPTS取引が行える証券会社を紹介していきます。

PTS取引とは

一般的に株式取引は、証券取引所を経由して行われるため、証券取引所が開いている時間帯でしか取引ができません。取引所が開いている時間帯は前場が9:00~11:30、後場は12:30~15:00となります。ただこの時間帯だと日中仕事をしている社会人はゆっくり株取引をすることがなかなか出来ません。

日中は仕事などで忙しいけど株取引に興味がある人におすすめなのがPTS取引です。PTSとは証券取引所を介さず株式を売買できる「私設取引システム」のことです。証券取引所の取引時間外で株式を売買できるため、朝や夕方以降、夜間の時間帯で落ち着いて取引が出来ます。

PTSの市場は2種類

夜間など証券取引所が開いていない状況でも株取引ができるPTSは便利なサービスですが、日本でサービス提供しているのは以下の2つだけです。

ジャパンネクスト証券株式会社が運営する「ジャパンネクストPTS」

ジャパンネクストPTSの取引時間は日中は8:20~16:00、夜間の取引時間は16:30~23:59までとなります。取引所の寄りよりも早くスタートし、引け後も続けてトレードを行うことができます。

Cboeジャパン株式会社が運営する「Cboe PTS」

Cboe PTSの取引時間は日中の8:00~16:00となっています。ジャパンネクストPTSと違い、夜の時間帯の取引はできないので注意が必要です。

PTS取引のメリット

PTS取引には2つの大きなメリットがあります。それが以下の2つです。

重要指標が発表された後にすぐに対応可能

PTS取引では、株価に影響するニュースが出た時にすぐに注文することができるメリットがあります。

例えば15時以降に株価に大きな影響を与える情報が報道されたり、深夜にNYダウが大暴落したりした場合、翌日の日経平均株価に大きく影響します。その際、市場が開く前に取引できるPTS取引で対応した場合、大きな損失から逃れることができます。夕方や早朝のニュース報道やアメリカの動向に先回りして取引できるのはPTS取引の魅力の一つと言えます。

手数料の料金設定

本来は取引できない時間帯に取引できるサービスなので、その分手数料が多くかかるのでは?と思う人もいるかもしれませんが、PTS取引に対応している証券会社の多くが、取引手数料を通常と同じか安く設定しています。

頻繁に株取引している投資家にとって、手数料が安いのは最大のメリットといってもいいかもしれません。

PTS取引のデメリット

PTS取引にはメリットもありますが、残念ながらデメリットもあります。それが以下の2つです。

低い流動性

PTS取引を行う人の数は証券取引所で取引を行う人に比べてまだまだ少ないため閑散相場になります。つまり、欲しい銘柄がなかったり、欲しいだけの株数がなかったりして購入したい銘柄があっても取引量が少なければ、約定できない場合があります。

注文方法が限られている

通常の株取引なら、「指値」「逆指値」「成行」などの方法で注文できますが、PTS取引では「指値」でしか注文できない場合があります。色々な注文方法で株取引を行うことに慣れている人にとっては、少々不便に感じることが多いかもしれません。

PTSの取り扱いがある証券会社

ここまでPTS取引について説明しましたが、最大の魅力は夜間取引ができることかと思います。ただ、PTS取引で「夜間取引」ができる証券会社は限られているので最後に3社ご紹介します。

SBI証券

1社目は国内最大手のネット証券「SBI証券」です。口座開設数はネット証券でNo.1となり幅広い投資家に支持されている証券会社になります。SBI証券について詳しく知りたい方は下記の記事をチェック!

松井証券

2社目は創業100年以上を誇る「松井証券」です。日本で初めて本格的なインターネット取引を導入した証券会社になります。松井証券について詳しく知りたい方は下記の記事をチェック!

楽天証券

3社目は、多くのキャンペーンが実施されていることで人気の「楽天証券」です。楽天証券は楽天グループのネット証券会社になりますので、楽天証券を使う人は楽天ポイントについて関心は高いと思います。投資の取引状況に応じて楽天ポイントが付与されるサービスについてまとめている記事があるのでぜひチェックしてみてください!

まとめ

PTS取引の基本情報やメリット・デメリット、夜間取引を行っている証券会社をご紹介してみました。

平日の朝から夕方までは多くの人が仕事をしているため、ゆっくり投資する時間がないという人は多いと思います。そんな人でも仕事を終えた夜間に投資できるのがPTS取引の大きな魅力です。

今はまだ参入者が少なく市場規模は小さいですが平日の9〜15時の間に株取引できない方には最適な投資方法になると思います。PTS取引のメリット、デメリットをしっかり理解し、リスクを回避しながら無理のない範囲で株式投資を行っていきましょう。