<2022年9月>ピックアップ優待銘柄

2022年9月の株主優待をピックアップしてご紹介します。

9月の優待は、約400銘柄。3月決算の中間決算月にあたるため、3月に次いで銘柄数の多い月となっています。行動制限緩和で旅行需要が高まっているいま、業績回復しつつあり人気があるのはANAホールディングス(9202)、日本航空(9201)。また物価高で生活必需品や食料品などがもらえる銘柄も注目が集まっています。

権利付き最終日は9月28日(水)です。

9月の注目優待銘柄

◆商船三井(東証プライム/9104)

🎁にっぽん丸クルーズ優待券、フェリー割引券

1884年創業、日本の三大海運会社のひとつである総合海運会社です。製造、食品、エネルギーなど原材料の輸入など、日本の貿易による海上輸送は99%を超え、海運業は日常生活を支えるかかせないインフラのひとつとなっています。コロナ禍で海外からの輸入が滞ったり、WAKASHIOの座礁事故などで、一時業績は悪化しましたが、資源事業が回復する流れとともに右肩上がりで業績絶好調となっています。


優待品は、同社が運航する「にっぽん丸」のクルーズ優待券です。年2回の発行で、1枚で1名1クルーズの旅行代金(正規料金)から10%割引されます。また2022年5月には、フェリー割引券(運賃から5,000円割引)が追加されるなど、優待の拡充もされています。


優待発生株数 :100株 | 最低投資金額 :377,198円

配当利回り :10.60% | 優待利回り :-

権利確定月  :3、9月 | 権利確定日 :月末

商船三井の優待詳細はこちら

フェリー割引券についてのプレスリリース


◆ANAホールディングス(東証プライム/9202)

🎁優待航空割引・自社グループ割引券など

コロナ禍で業績が悪化していましたが、各国の入国制限の緩和、また日本国内でも行動制限緩和により、国内・海外旅行の需要が高まっているいま、業績も回復傾向にあり注目されています。


株主優待は国内線ご搭乗優待のほか、ANAグループ優待券として、提携ホテル優待や国内・海外パッケージツアー優待、空港内売店での買物優待、ゴルフプレー料金の割引優待がそれぞれ複数枚もらえます。新型ウイルス感染拡大に伴う特別対応として、有効期間の延長も行っています。

優待発生株数 :100株 | 最低投資金額 :264,348円

配当利回り          :- | 優待利回り :-

権利確定月   :3、9月 | 権利確定日 :月末

ANAホールディングスの優待詳細はこちら


◆WOWOW(東証プライム/4839)

🎁視聴優待、特製クオカード

WOWOWは、衛星による有料放送事業を1991年に日本で初めて開始しました。ハリウッドの新作映画、世界のトップスポーツ、国内外の音楽ライブなどを放送しています。昨年、開局30周年を迎えた2021年、BS環境がなくても、WEB上からの加入が可能となり、より多くの人が利用しやすくなりました。


優待内容は、WOWOW視聴料3カ月無料(3年以上保有で4カ月無料)またはオリジナルクオカード2,000円分のいずれか選べます。ただし、株主優待取得には保有1年以上が条件となっています。


優待発生株数 :100株 | 最低投資金額 :139,600円

配当利回り   :4.30% | 優待利回り :-

権利確定月        :9月 | 権利確定日 :月末

WOWOWの優待詳細はこちら


◆トリドール(東証プライム/3397)

🎁株主優待商品

人気うどんチェーン店の「丸亀製麺」、「肉のヤマキ商店」などの運営会社であるトリドールホールディングス。お客さまの目の前で調理し、視覚、香りなど五感で体感する「おいしさ」から食の感動を提供しています。国内だけではなく、海外店舗も増やしており、丸亀製麺だけでも海外に214店舗(2022年4月現在)、その他各国の食文化にあわせたブランド展開もしています。5歳から小学校6年生までを対象とした「まるがめ体験教室」といううどん作り体験の食育プログラムも行なうなど社会貢献活動も注力しています。


株主優待では、丸亀製麺をはじめとした運営店舗で利用できる割引券が贈呈されます。保有数によってもらえる割引券の枚数は変動しますが、例えば100株以上(1年未満保有)で30枚/3,000円相当(年間6,000円相当)となり、よく利用する方には使い勝手のよい内容です。


優待発生株数 :100株 | 最低投資金額 :295,598円

配当利回り :0.25% | 優待利回り :2.03%

権利確定月 :3、9月 | 権利確定日 :月末

トリドールの優待詳細はこちら


◆タカノ(東証スタンダード/7885)

🎁株主優待商品

長野県の上伊那郡に本社を置く企業です。1941年鷹野製作所を創業し、ばねの製造・販売にはじまり、現在ではオフィスチェア、ガーデンエクステリア、福祉、医療機器、健康食品など幅広く展開を広げ、日本各地に事業所を設置しています。「事業にはライフサイクルがある」との考えから、継続的に新規事業開発に取り組み、チャレンジを行っている企業です。


2022年の優待内容はまだあがっていませんが、一昨年、昨年の実績では、信州ワイン・ウィスキーのセット、信州りんご、高嶺ルビーはちみつ(オリジナル製品)、信州富士見高原ハム・ソーセージなど長野県の特産品が贈呈されています。


優待発生株数 :100株 | 最低投資金額 :73,788円

配当利回り   :2.17% | 優待利回り :1.35%

権利確定月        :9月 | 権利確定日 :月末

タカノの優待詳細はこちら(2021年の優待内容)


◆ヒロセ通商(東証スタンダード/7185)

🎁自社キャンペーン商品

ヒロセ通商は、大阪に本社を置くFX(外国為替証拠金取引)の会社です。2004年の創立以来、「お客様の声を素早く反映する」ことを第一とし、多種多様な取引ツールや1,000通貨単位の提供、通貨ペア約50と幅広い投資家のニーズに応えています。


優待内容は、オリジナルキャンペーン商品詰め合わせで、保有株数によって異なります。100株で10,000円相当とかなりお得な内容。ヒロセ通商のオリジナルキャンペーン商品は、FX会社とは思えないほどの「こだわり」で注目されています。


優待発生株数 :100株 | 最低投資金額 :267,198円

配当利回り    :1.16% | 優待利回り :3.74%

権利確定月         :9月 | 権利確定日 :月末

ヒロセ通商の優待詳細はこちら


※最低投資金額、優待条件等、2022年8月28日時点のものです。

購入のタイミング

買いたい企業(銘柄の株)が定めている権利付き最終日(権利確定日の2営業日前)までに株を購入し、翌営業日(権利落ち日)まで保有している必要があります。権利付き最終日の翌営業日である「権利落ち日」に買付けをしても、狙っている当月の株主権利を取得することはできません。

最後に

月末が権利確定日と定めている企業が多いですが、銘柄によって必ずしもそうではありません。

また、優待、配当は各企業の判断で廃止・変更になる場合があります。お取引の際は、必ず該当企業のウェブサイトなどで内容をご確認ください!

◆株主優待の詳しい説明についてはこちら