実は映画好きにおすすめ!イオンカードの魅力

主婦の味方「イオンカード」。イオンでのお買い物でお得に使えるほか、イオンが運営する映画館「イオンシネマ」でもお得に使えます。

今回は、そんなお顔もの以外のイオンカードの魅力も含めてご紹介します。

とはいってもお買い物に魅力!ポイントのしくみ

これまで「イオンカード」のポイントは専用の「ときめきポイント」が使われていましたが、2021年10月より電子マネーの「WAON」として使える「WAON POINT」に制度統一されました。

電子マネー「WAON」についてはこちらをご覧ください。

現金やWAONの支払いでもポイントがたまる

WAON POINT加盟店のお支払いは、イオンカードでのお支払いはもちろん、WAONに対応したイオンカードの提示で現金やWAONでの支払いでもポイントがたまります。

基本は200円(税込)で1ポイントと一見還元率はそこまで良くありませんが、そこはイオングループの強味で魅力がアップします。

※一部対象外となるカードや店舗があります。

※現金での支払いの場合には、ほとんどの企画でポイントアップの対象外です。

※いくつかの企画と重複してのポイント進呈はなく、高倍率のポイント倍付与が優先されます。

対象店舗でポイントアップ

  • 対象店舗:全国のイオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなどイオングループのお店 など ※対象店舗はこちら
  • 支払方法:イオンカード
  • 付与ポイント:200円(税込)ごとに2ポイント

毎月10日はすべてのお買い物でポイントアップ

  • 対象店舗:原則すべての一般的なお買い物(公共料金等の一部は対象外) ※対象外のサービスについてはこちら
  • 支払方法:WAON POINT進呈対象カード・デビットカード、イオンスマートペイカード など
  • 条件:毎月10日
  • 付与ポイント:200円(税込)ごとに2ポイント

5日・15日・25日は「お客さまわくわくデー」でポイントアップ

  • 対象店舗:全国のイオン、マックスバリュなど
  • 支払方法:WAON
  • 条件:毎月5日・15日・25日
  • 付与ポイント:200円(税込)ごとに2ポイント

毎月10日・20日・30日はイオンモール専門店でポイントアップ

  • 対象店舗:イオンモール・レイクタウン専門店 ※対象店舗についてはこちら
  • 支払方法:各種イオンカード、WAON
  • 条件:毎月10日・20日・30日
  • 付与ポイント:200円(税込)ごとに5ポイント

AEON CARDポイントクラブの優待加盟店でポイントアップ

AEONCARD ポイントクラブの優待加盟店でカードを使うとポイントアップになります。

加盟店によってポイントアップ率は異なります。 ※詳しくはこちらから

毎月5の付く日はオリジングループの店舗でポイントアップ

  • 対象店舗:オリジングループ(キッチンオリジン・オリジン弁当・れんげ食堂Toshu・中華東秀)
  • 支払方法:各種イオンカード
  • 付与ポイント:200円(税込)ごとに5ポイント

イオンカードポイントモール経由でのネットショッピングでポイントアップ

  • 対象店舗:イオンカードポイントモールと提携しているサービス
  • 支払方法:イオンカード
  • 付与ポイント:ポイントモールのポイント+カードのポイントで実質200円(税込)ごとに2ポイント

イオングループの店舗での割引キャンペーンなど

イオングループの店舗でのさまざまな割引サービスが受けられます。

お買い物するなら「感謝デー」

イオングループでは毎月「感謝デー」を設けており、カード会員はお得にお買い物が可能です。前述の「お客さまわくわくデー」と合わせると割引&ポイントアップも可能です。

20日、30日5%オッフ~♪

毎月20日・30日はイオンの「お客さま感謝デー」として、全国のイオン、ビブレ、マックスバリュなどの各店舗で5%OFFになります。

イオンカードやWAONの支払いに加えて、イオンカードを提示の場合現金などの支払いも対象になります。

毎月15日「G.G感謝デー」も見逃せない

55歳以上の方は、G.G関連のカード会員の場合、イオンカードの支払いで毎月15日にイオンのお買い物が5%OFFになります。

アプリ「イオンウォレット」にはクーポン満載

イオンには、お買い物に役立つクーポンを配信する「イオンお買い物アプリ」がありますが、それとは別にカード会員向けのアプリ「イオンウォレット」があり、そこでもお得なクーポンが発行されています。

双方を効率的に使うことでいつでもお得にお買い物が可能です。

映画もお得に観れる!

実は、イオンが運営するイオンシネマは大手のTOHOシネマズが一般価格1,900円(税込)なのに対して、1,800円(税込)という価格設定です。

※もちろん、イベントや映画ごとによる特価設定はこれに限りません。

イオンカードを持っている人は、さらにお得に映画を観ることができます。

イオンカードでいつでも300円OFF!同伴者1名も対象に

イオンシネマでは劇場窓口や自動券売機、オンライン予約システム『e席リザーブ』で、一般料金のチケットをイオンマークのカードのクレジット払いで購入すると、映画料金が一般料金から300円割引になります。つまり、1,500円(税込)で映画が楽しめます。

同伴者1名まで値引き対象のため、ペアで見るときもお得です。また、一般料金のみが割引対象になります。

「お客さま感謝デー」は700円OFF

前述の「お客さま感謝デー」は、一般料金から700円OFFになります。つまり、1,100円(税込)で映画が観れるのです。

ちなみに、こちらはカードの提示で割引になりますので、現金の支払いも対象となりますが、カード名義の本人しから割引対象になりません。

実はいつでも1,000円で観れるカードもある

イオンマークのカードの中でもミニオンズ・デザインとTGCデザインのカードは、いつでも映画の料金が1,000円(税込)になります(購入可能枚数は年間30枚まで)。

この特典を利用するには、劇場窓口でのチケット購入や、自動券売機、オンライン予約システム『e席リザーブ』でのチケット購入は対象外となり、イオンカードのメンバーサイト「暮らしのマネーサイト」からチケットを購入する必要があります。

イオンカードにはいろいろな種類がある

イオンカードには、実はいろいろな特徴のあるカードが全部で52種類あります(2022年8月時点)。

イオンカードは種類が豊富

種類が多いため、主なカードをご紹介します。

  • WAON機能付き
  • キャッシュカード機能付き(イオン銀行、荘内銀行、鳥取銀行、福島銀行)
  • コラボデザインカード(ディズニー、TOKYO GIRLS COLLECTION、櫻坂46、SKE48、リラックマ など)
  • 企業コラボカード(JAL、JR東日本、JR北海道、JR九州、ベネッセ、NEXCO東日本、首都高速道路、NEXCO中日本、NEXCO西日本、阪神高速道路、コスモ、三菱商事エネルギー、住友不動産、マルエツ、東北電力、コジマ×ビッグカメラ、スポーツオーソリティ、KASUMI、トイザらス、ワタミ、やまや、島村楽器、近畿日本ツーリスト、ツルハドラッグ、メイクマン、神戸・三宮センター街、ナンバ(ホームセンター)、日本点字図書館、TOSHIBA、サンデー)

このように、イオンカードにはさまざまなカードがあります。また、複数の機能を持ち合わせたカードもあります。

企業コラボのカードの中には、割引特典の付いたものなどもあるため、よく利用するサービスのものがあれば、それを選んでもよいかも知れません。

イオンカードの年会費は?

イオンカードは、ゴールドカードも含めて多くが年会費無料ですが、一部、二年目から年会費のかかるカードもあります。

ただし、2年目以降も前年に1回でも使うと、年会費は無料になるようです。

JQ SUGOCA

電子マネーのSUGOCA機能を搭載したカード。アミュプラザ博多での買い物やJR九州のネット予約などでいつでも割引になるなどの特典が付いている。

もちろん、イオンカードの「お客さま感謝デー」などのメリットも利用できます。

  • 付与ポイント:きっぷなどの購入や通常の買い物の支払い時に使用すると、JRキューポ(200円で1ポイント)を付与。たまったポイントは、SUGOCA電子マネーへのチャージなどに使える。
  • 年会費:二年目以降、前年に1回以上の利用が無い場合には、1,375円(税込)の年会費がかかります。

JMB JQ SUGOCA

JQ SUGOCAにJALマイレージバンクの機能が付いたカード。JALのフライトでマイルがたまります。もちろん、マイルの利用も可能。JRキューポとマイルを同率で交換が可能です。

まとめ

このように、イオンカードと一口に言ってもさまざまなメリットや特徴を兼ね備えています。

イオンを利用する人だけでなく、さまざまなサービス特典も比較した上で検討してみるのが良いかもしれません。