スイングトレードってなに?日中忙しい人向けの短期投資手法?

株式投資に興味を持ち、投資を始めようと思った時に自分に合った投資手法はなんだろう、と悩んでしまっている方もいるのではないでしょうか。ここでは短期投資手法の一つ『スイングトレード』の特徴や株の保有期間、スイングトレードに合った銘柄について解説していきます。

スイングトレードとは

スイングトレードとは、投資対象の株式銘柄を数日から数週間単位といった短期間で株を売買していき、次々と保有銘柄を乗り換えていく投資手法です。また、スイングトレード以外の短期売買の投資手法として『デイトレード』や『スキャルピング』などもあります。

明確な保有期間は決まっていませんが、『デイトレード』は1日の取引時間内にトレードを終える投資手法となり、『スキャルピング』は数秒から数分でトレードを終える投資手法になります。そして『スイングトレード』は、数日から数週間で株式を売買する投資手法になります。

また、すべての短期売買投資に共通することですが、新商品の開発や業績発表などの短期的に株価が変動する要因になる経済ニュースには常に注意を払う必要があります。

スイングトレードの魅力

スイングトレードは短期で利益を確定させるため、テクニカル分析などから値動きを予測して株を売買していきます。では、そんなスイングトレードの魅力をお伝えしていきます。

投資初心者でもはじめやすい

短期投資を原則とするスイングトレードでは、中長期の投資家よりも今後の市場規模や企業分析、ライバル企業の動向など時間をかけて調査する必要がありません。つまり手軽に投資をはじめられるというメリットがあります。

忙しい人におすすめ

スイングトレードは、数日から数週間の期間で株を売買していく手法です。つまりデイトレードやスキャルピングと違って、株価チャートをずっとチェックして株価の動きを1日中追わなくても大丈夫です。また、年単位での運用を行う中長期の投資と比べ、利益を得られる喜びも短期間で味わうことができるので、モチベーションも保ちやすいです。

スイングトレードの注意点

スイングトレードは、スキャルピングやデイトレードと違って決済を翌日以降に持ち越すことになります。つまり東京証券取引所の取引時間外に株価が暴落するようなニュースが公開されると海外で売りが先行し、東京証券取引所が開く頃には大きな含み損が発生する可能性があります。

スイングトレードの銘柄を選ぶ際のコツ

株式投資は短期か、中長期かなど投資期間に関係なく、銘柄選びが重要になります。もし、あなたがスイングトレードを一度やってみたい、と思った時にぜひ参考にしてほしい銘柄をご紹介していきます。

流動性の高い銘柄

スイングトレードを行う際、銘柄を選ぶポイントは、買いたい時に買いたい株数だけ買える、売りたい時に売りたい株数だけ売れる「流動性」が確保されている銘柄に絞ることをおすすめします。

大きな利益が狙える「テーマ株」

テーマ株とは、世界中で注目されている技術や社会現象に関連している銘柄のことです。テーマ株は機関投資家や個人投資家など幅広い投資家が注目していますので、短期間に大きな値動きをする可能性があり、スイングトレードに最適な銘柄といえます。また、テーマが明確でわかりやすいため、初心者でも個人銘柄を絞りやすいというメリットもあります。

まとめ

スイングトレードとは、数日から数週間で売買を完結させる短期トレードのこと。もしあなたがこれから短期間で利益を得たい、銘柄選びにそこまで時間をかけたくない、と考えているとしたらスイングトレードを試してみるのも良いかもしれません。

また、株式の投資手法は色々ありますので、もし他の投資方法に興味がある方はバリュー株投資やグロース株投資をまとめている記事もありますので、ぜひ確認してみてください。