【2022年6月】いま行ける海外旅行は?<シンガポール編>

マーライオンやマリーナベイサンズなど、SNS映えスポットが豊富なシンガポール。

観光目的でのシンガポールへの入国には、6カ月以上有効なパスポートを保有していれば、ビザなどは必要ありません。

※本記事はあくまで日本国籍を持つ人が短期の観光旅行を前提とした条件です。

※最新情報は必ず大使館などでご確認ください。在シンガポール日本国大使館ホームページ

コロナ関連で入国時に気を付けることは?

シンガポールへの渡航の詳細は、こちらをご参照ください。

次の要件を満たしている場合、検疫テストなどなしでシンガポールに入国できます。

<入国可能な人>

■規定回数以上のコロナワクチンを接種して2週間以上経過した人

 ※12歳未満の子どもは、ワクチンの接種は必須ではありません。

<必要な書類・準備など>

■シンガポールのワクチンの接種証明:証明書の発行は、こちらから

※シンガポールのワクチン照明の発行にあたっては日本のワクチン接種証明アプリの登録が必要です。国内のワクチン証明書を紙で持参する場合には、名前、パスポート番号、投与されたワクチンの名前、予防接種日が英語で明記されている必要があります。

■SG入国カード(SGAC):旅行中の健康等の詳細を申告するものです。シンガポールに到着する3日前までに記入が必要です。申請などはこちらから

■接触・移動確認アプリ「Trace Together」のダウンロードと必要情報の登録:詳しいステップはこちら

ワクチンを規定回数以上接種していない場合はどうするの?

原則として、対象となるワクチンを規定回数以上摂取していない場合、シンガポールへの観光目的での入国は認められていません。

例えば、家族が重病になる傾向があるなどの場合に限り、申請をして承認を受けると入国が可能です。

出発前に!日本への帰国方法もおさえておこう

日本への帰国時の対応については、各国・地域によって細かく対応が分かれるようです。

日本入国時の検査措置など

ちなみに、シンガポールは「青色区分」です。

帰国の際の情報については、こちらのサイトでチェックしてみてください。

MySOSとは?

MySOSは、日本帰国後の健康居所確認と、入国前の検疫手続きの事前登録を行えるアプリです。入国をスムーズに済ませるためのファストトラックにも必要なアプリのため、あらかじめインストールと準備をしておきましょう。


その他の東南アジアへの観光旅行については、こちらの記事もご覧ください。

成田空港を利用する方は、ぜひこちらの記事も!