【1968】クリーンな企業体質に生まれ変われるか:太平電業

おはよございます、ぱんです。

企業紹介のラストは、太平電業【1968】さんです。

主な事業内容は、国内外の多くの火力発電所や原子力発電所を中心とした、総合的な電力事業です。

  • エンジニアリング・製作:工事計画・設計/製作
  • 国内工事事業:火力発電/再生可能エネルギー発電(バイオマス、太陽光、地熱、風力など)/原子力発電/各種プラント・その他施設
  • 海外工事事業:発電設備(世界各国でプラントを建設)/その他プラント設備・海外の指導者育成
  • 発電事業:運転・保守・メンテナンス/教育・訓練/自社発電所

こちらの企業さんも、サジェストには「パワハラ」「事故」「反社」といった不穏なキーワードが立ち並びます。

電力はあらゆる側面で欠かせないインフラです。

そのため、さまざまな政治的な調整が必要になってくるのは理解できますが、

投資という側面では、「共感」も一つの重要な要素であると考えると、

今後、どのようにクリーンな企業体制を作るか注視したいと思いました。

<保有中の銘柄>

インベ グローバルクリーンエネルギー ETF(PBD) 10口

iシェアーズ MSCI タイ ETF(THD) 20口

バンガード 米国情報技術セクター ETF(VGT) 10口

バンガード FTSEエマージングマーケッツETF(VWO) 5口

テーマ株 34口(16銘柄)

<注文中の銘柄>

iシェアーズ MSCI タイ ETF(THD) 10口 指値決済注文中です。

<現在の資金>

¥788,159(日本円ベース)

円ベースで¥24385のマイナスです