楽天証券がポイント進呈の条件を改定!楽天ユーザーは要チェック!

楽天証券の大きな魅力の一つに、投資の取引状況に応じて楽天ポイントが付与されるサービスがあります。

もともと楽天市場や楽天トラベルを利用していた人は、そのメリットを決め手に楽天証券で口座を開設した人も多いのではないでしょうか?

ところが、楽天証券の「投資信託の保有残高にかかるポイント」の進呈条件が、2022年4月1日から変更になることが発表され、大きな話題となっています。

現在の楽天ポイントの進呈条件は?

楽天証券では、投資信託の保有残高に応じてポイントをもらえる仕組みが、大きく二つあります。

「ハッピープログラム」を利用した場合

  • 条件1:楽天銀行と楽天証券の口座連携サービス「マネーブリッジ」を利用
  • 条件2:「楽天銀行ハッピープログラム」にエントリー
  • 条件3:投資信託の保有残高10万円ごとに毎月3~10ポイントを付与

いくつかの条件はありますが、少額でもポイントが付与されるため投資初心者にも嬉しいサービスです。

ポイントの進呈は、保有している銘柄ごとに異なります。

<進呈ポイントの銘柄定義>

ちなみに、「ハッピープログラム」は株式やFXなどの投資信託以外の取引でもポイントを獲得できます。

「投資信託資産形成ポイント」システムを利用した場合

「マネーブリッジ」を利用していない場合でも、月初の投資信託の保有残高が50万円以上の場合に楽天ポイントが付与される「投資信託資産形成ポイント」システムがあります。

<保有残高ごとの付与ポイント>

  • 50万円以上200万円未満:20ポイント
  • 200万円以上400万円未満:80ポイント
  • 400万円以上600万円未満:150ポイント
  • 600万円以上800万円未満:200ポイント
  • 800万円以上1,000万円未満:300ポイント
  • 1,000万円以上2,000万円未満:400ポイント
  • 2,000万円以上:800ポイント

ちなみに、銘柄によっては保有残高の対象外となったり、付与するポイントが半減するものもあるので注意が必要です。

このように、投資信託の保有残高に応じて毎月ポイントが付与されるため、長期投資を考えている投資家から大きな支持を集めていました。

それが、2022年4月に変更となることが発表され、楽天証券ユーザーの中で波紋が起こっています。

楽天ポイントの付与条件はどう変わるの?

これまでは、「ハッピープログラム」と「投資信託資産形成ポイント」に分かれていましたが、

毎月末時点の投資信託の残高が、2022年4月末以降にはじめて一定の金額に到達した場合に、所定の楽天ポイントを進呈する

という形に統一されます。

<楽天ポイント付与条件>

つまり、毎月ポイントが付与されるのでなく、条件達成ごとに付与される形に変わったのです。

ちなみに、ポイント進呈の対象となる該当残高を2022年4月末以降にはじめて達成した場合のみポイントが進呈されるため、例えば……

2022年3月末時点で残高100万円保有しており、2022年4月末時点でも残高100万円を保有していた場合、ポイントは付与されません。

(次のポイント進呈の対象となる200万円を達成した場合にポイントが付与されます)

※iDeCoおよびラップ経由で購入した投資信託は除きます。外貨MMFも対象外となります。

※保有残高換算の対象外となる投資信託もあるとのこと。

「マネーブリッジ」という条件がなくなることで、ハードルはぐっと低くなりましたが、すでに大きな残高を保有している人にとっては、厳しい内容になります。

気になること調べてみた

この変更について気になることを調べてみました。

あくまで現時点での情報のため、今後変更となる可能性があります。

  • 株やFXなどのほかの「ハッピープログラム」は?

投資信託以外の金融商品のポイント付与条件については、特に変更はないようです。

  • 保有残高が2,000万円を超えたらどうなるの?

投資信託の保有残高が2,000万円以上になると、それ以降はポイント付与はないようです。

  • 楽天カード決済による投信積立のポイント付与にも変更はある?

カード決済に対するポイント付与のため、購入に関する変更はないようです。


ということで、正直、ポイントに大きな期待を寄せていた投資家にとっては、かなり大きな変更になりそうです。

ですが、一方で嬉しいサービスの開始情報もありました。

米国株式の積立購入サービスを開始!ポイント投資も可能に

2021年12月26日(日)より、米国株の積立注文設定および、楽天ポイントを使った「ポイント投資」が可能になりました。

近年、不安定な相場環境の中でもしっかりと成長をみせる米国株は、投資家の中でも注目されていますね。

一方で、投資タイミングを見極めるのは、情報が潤沢な日本株投資や自動積立ができる投資信託などと比べるとハードルがありました。

ですが、積立投資ができるようになることで、投資タイミングを気にせずに取引ができるようになります。

米国株投資をするには、資金を米ドルに両替するといった手間が発生しますが、円貨決済が可能になるため、両替の手間も抑えられるでしょう。

積立投資で注意すること

注意したいのは、投資信託の積立と違い、取引手数料が発生する点です。

定期的に購入を行う積立投資ですと、取引手数料が毎回発生するため、長期になればなるほど負担が大きくなります。

取引手数料が無料の海外ETFもある!

積立投資は取引手数料が気になりますが、楽天証券では取引手数料が0円の海外ETFもあります。

まだ9銘柄ほどですが、比較的オーソドックスな銘柄もラインアップされていますので、まずはその辺りから始めてみるのも良いかもしれません。

まとめ

ポイントの付与条件が厳しくなってしまった楽天証券ですが、それでも業界最安水準の手数料や、取り扱い銘柄数の多さなど魅力はたくさんあります。

マネー探検隊では、今後もチェックすべき最新情報が出てきましたら、ご紹介していきたいと思います。