年明け早々、ナスダックが急落!?

こんにちは!マネー探検隊のヒロミンです。


2022年1週目の米国株市場は、年明けそうそう厳しい洗礼を受けてしまいましたね。

利上げは今年3月から!?しかも年内に4回利上げする?なんて金融正常化を急ぐ観測が急速に出て来て、マーケットを冷やしましたね。


結局、週間では....

ダウ平均  ▼1.29%

S&P500  ▼1.87%

ナスダック ▼4.53%


なかでも長期金利が一時1.8%に達したことで、

ハイテク銘柄が軒並み売られ、ナスダックは急落しました。

(ナスダック=直近1年)

今朝方10日(月)のマーケットでは、ナスダックはわずかながら5日ぶりに反発しましたが、ダウ平均とS&P500はマイナスに沈んだままです。

どうやらニュー・イヤー・ラリーは逃した2022年の米国株市場ですが、道はまだまだ長し、懲りずに見守っていきたいと思いますね。