FRONTEO【2158】が日本株の利益をけん引<ぱん>

おはようございます、ぱんです。

ほぼマイナスだった日本株にプラスが目立ってきました。

その中でも保有当初よりプラスだったFRONTEO(2158)がさらにプラスになっています。

FRONTEOとはなんと会社なのでしょうか?

ざっくりとHPによると……

FRONTEOは、自然言語処理に特化したデータ解析企業です。
独自に開発した人工知能(AI)エンジンを用いて、情報解析を支援しています。
2003年に創業して以来、国際訴訟で必要な、証拠となる電子データの保全と調査・分析を行う「eディスカバリ(電子証拠開示)」や、「デジタルフォレンジック調査」というリーガルテック事業をメインに展開してきました。

ということです。

まさにテーマ投資の「AI」にふさわしい会社。

しかも、その独自開発のAIを用いて、米国の訴訟等に役立てるということで、コロナで停滞していたグローバリゼーションが動き始める今こそ注目の企業かも知れません。

(注)銘柄推奨ではありません。

さて、ポートフォリオ全体を見てみましょう。

<保有中の銘柄>

インベ グローバルクリーンエネルギー ETF(PBD) 10口

iシェアーズ MSCI タイ ETF(THD) 20口

バンガード 米国情報技術セクター ETF(VGT) 10口

バンガード FTSEエマージングマーケッツETF(VWO) 5口

テーマ株 34口(16銘柄)

<注文中の銘柄>

iシェアーズ MSCI タイ ETF(THD) 10口 指値決済注文中です。

<現在の資金>

¥882,024(日本円ベース)

円ベースで¥15,143のプラスです。

これまでずっと個別株はやってきませんでしたが、こうして買った銘柄が上がるのは楽しみがありますね。

あとはどこで売るか……。