Tポイントで投資ができる!SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券(通称:ネオモバ)は、SBI証券とTポイントの運営会社であるCCCマーケティングとの合弁会社として2018年に誕生した証券会社です。

国内で初めてTポイントを使って日本株を買えるサービスを提供。Tポイントを有効活用したい方や投資初心者の方など幅広い層から注目を浴びています。

SBIネオモバイル証券の主な特徴

<その1>Tポイントを使って日本株が購入できる

<その2>1株という少額から投資ができる

<その3>WealthNavi for ネオモバで資産運用ができる

Tポイントを使って株が購入できる

貯めてはみたけれど、意外と使いどころの難しいTポイント。そんなTポイントを使って投資できるのがSBIネオモバイル証券の特徴です!

➀Tポイントを使ってどんな商品に投資ができるの?

買い物や食事で貯めたTポイントを使って、日本株等(国内ETFを含む)の現物取引に利用が可能です。また、FXの拠出金などにも利用できます。

<Tポイントを使って投資ができる商品>

➁Tポイントは1ポイント=1円

Tポイントは、1ポイント=1円として利用できます。

株式投資に興味があるけど、いきなりお金を投入することに不安を持っている人はTポイント投資から始めてみるのが良いかもしれません。

1株から株が買える少額投資

➀気軽に有名企業の株主になれる

SBIネオモバイル証券ではS株という名称で、株式を1株単位で購入ができます。

もちろん単元未満株でも、株数に応じて配当金を受け取ることもできます。

気軽に有名企業の株主になれるのは嬉しいですよね。

➁ひとかぶIPO投資

SBIネオモバイル証券には「ひとかぶIPO」というサービスがあります。

通常、IPOに参加するには100株単位で応募する必要がありますが、「ひとかぶIPO」は

その名の通り1株以上で抽選に応募することができます!

また、20~30代が当選しやすくなる「若年優遇」や、SBIネオモバイル証券での取引状況によって当選確率が変わる「取引継続優遇」などの優遇措置もあります。

ただし、ひとかぶIPOで当選した銘柄の購入にTポイントを使うことはできません。

③サービス利用料がある!

SBIネオモバイル証券には、いわゆる「取引手数料」の代わりに、毎月定額の「サービス料」があります。このサービス利用料は、日本株取引の約定代金により決定します。

取引回数による影響はないため、少額で複数回の取引を行う人には便利なコスト体系です。

さらに、サービス利用料の1%分のTポイントが付与されるほか、期間固定Tポイントとして毎月200ポイント付与される特典もあります。

ただし、FXやネオWのみで取引をする場合にも、この「サービス利用料」が発生する点には注意が必要です。

「WealthNavi for ネオモバ」で資産運用ができる

「WealthNavi for ネオモバ」は、簡単な質問に答えるだけで自分に合った資産運用を始められると話題の「WealthNavi(ウェルスナビ)」を、SBIネオモバイル証券を通じて利用できるサービスです。

➀少額からWeaIthNaviが利用できる

一般にWealthNaviを利用するには、最低投資金額が10万円になりますが、WealthNavi for ネオモバでは1万円から始めることが可能です!

➁海外の株式や債券などに投資ができる

SBIネオモバイル証券は、日本株やFXなどにしか投資ができません。しかし、WealthNavi for ネオモバは「米国株」「欧州株」「新興国株」等7つのETFに投資できるため、手軽に国際分散投資が可能です。

③Tポイントで投資できない

日本株やFXなどでは「Tポイント」を使用した資産運用が可能ですが、WealthNavi for ネオモバでは、Tポイントに対応しておらず、実際のお金で投資をする必要があります。

まとめ

SBIネオモバイル証券の魅力は、

<1>Tポイントを使って投資ができる

<2>1株から少額投資ができる

<3>WealthNavi for ネオモバで自動資産運用ができる

1株投資やTポイント投資など、投資初心者に優しいサービスが整っているSBIネオモバイル証券。

まずは少額から投資を始めたいという人は、SBIネオモバイル証券をチェックしてみましょう。