マネー探検隊が行く!

記事一覧(123)

プロはどう見る?米国株市場の展望を調べてみた<2022年5月>

コロナ禍においても好調だった米国株市場ですが、2022年に入り、さまざまな要因から不調が続いています。とくに90年ぶりとなるNYダウの続落などは大きな衝撃でした。そんな米国株市場。投資のプロたちは、今後についてどのような見解を持っているのでしょうか?投資信託を運用する資産運用会社の直近のレポートをまとめてみました。とくに今回は、日本にも拠点を置く外資系の資産運用会社のレポートに比重を置きたいと思います。!ご注意!各社のレポートを読んで独自に要約をしたものです。正確な情報や根拠については、ぜひ各社のレポートをご覧ください。フィデリティ投信のレポートフィデリティ投信は、米国を中心に世界25か所以上に拠点を設けるフィデリティ・インターナショナルの日本法人です。チェックしたレポートは?2022年5月13日に公開されたレポート「2分で考える『利上げで景気は?株価は?』」では、大局では景気拡大は続くという見通しです。さらに、同日に公開されたレポート「2分で考える『米国成長株式からの分散』」では、注目度が高く、資金が集中している米国成長株式(グロース株)についての見解が述べられています。フィデリティ投信の最新レポートはこちら成長株式(グロース株)については、こちらの記事もご覧ください。

M&Aってなに?2021年は何件M&Aが行われた?

近年、激しいグローバル競争を勝ち抜く為の有効な手段としてM&Aを実施する日本企業が増えてきています。今回はM&Aとはなにか、そして昨年2021年に日本企業が行ったM&Aについてご紹介します。M&Aってなに?M&Aとは、「Merger And Acquisition(マージャーズ・アンド・アクイジションズ)」を略した言葉となり、日本では「企業の合併と買収」を表します。合併とは、2つ以上の企業が1つの企業に統合されることを意味し、買収とは企業が別の企業の経営を支配することを目的として株式を取得することを意味します。また、企業の合併には「吸収合併」と「新設合併」の2種類があります。それぞれの違いは下記になります。吸収合併とは、合併により吸収され、消滅する会社の権利義務の全部を存続会社が吸収して承継させる手法です。つまり消滅会社の資産や負債、許認可や免許などは存続会社にすべて引き継がれます。新設合併とは、消滅会社を含む複数の会社の権利義務を新たに設立する会社に承継し、新しい会社としてスタートを切ります。友好的買収と敵対的買収前述では合併について2種類、簡単に説明しましたが企業の買収にも「友好的買収」と「敵対的買収」の2種類あります。この2種類は同じ買収でも買収までの道のりが全然違います。ここでは友好的買収と敵対的買収について、簡単に説明していきます。・友好的買収とは友好的買収とは、買収対象となる会社の経営陣から同意を得ている状況で行う買収を意味します。日本で行われている買収のほとんどが友好的買収であり、敵対的買収の実施数は多くありません。友好的買収の事例を挙げるとすると有名なのがIT会社大手のヤフーによるZOZOの買収ではないでしょうか。ヤフーによるZOZOの買収はテレビでもかなり報道されて話題になっていたので、M&Aにあまり興味がない人でも知っている方は多いかと思います。・敵対的買収とは敵対的買収とは、買収相手の経営陣の同意を得ずに半ば強引に買収を実施するので、世間からネガティブなイメージを持たれやすい買収方法になります。また、敵対的買収は基本的に株式公開買付によって行われます。買収側は経営権の取得のために、議決権の過半数の取得を目指します。つまり、基本的には敵対的買収は上場企業がターゲットになります。最近の敵対的買収の事例だとインターネット証券大手のSBIホールディングスが新生銀行に対して敵対的買収を行いました。この買収劇は日本の銀行業界初の敵対的買収と言われており、かなり注目されました。日本企業のM&A事情日本企業は日本国内の市場が縮小していく中、生き残り戦略としてM&Aを活用する企業が増えてきています。実際に日本企業は2012~2019年まで8年連続でM&Aの件数は右肩上がりでしたので、近年の日本ではM&Aが非常に活発化しているといえます。2020年は、残念ながら新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、2019年より減少しましたが、2021年の日本企業のM&A件数は4,280件と、2020年の3,730件から増加しています。また4,280件のM&Aはもちろん日本企業同士だけではありません。日本企業と海外企業の間で行われたM&Aもカウントされています。2021年の日本のM&Aの内訳は日本企業間のM&Aが3,337件、日本企業から海外企業へのM&A 625件、海外企業から日本企業へのM&Aが 318件となります。ちなみに、日本企業が買収した企業を地域別にすると北米企業209社、欧州企業が135社、ASEANが105社になります。(RECOF調べ)2021年日本企業のM&A実例最後に2021年の1年間で日本企業が行ったM&Aのなかで買収金額が大きかったM&Aをご紹介します。(日本企業同士、日本企業が海外企業を買収したのを対象)

〈2022年5月更新〉あなたにベストなネット証券比較〈日本株 現物 取引手数料 編〉

あなたにとってのベストなネット証券はどこ? 今回は日本株の現物取引に的を絞って、ネット証券各社の手数料体系を比較してみます。みなさんの投資スタイルにはどのネット証券が最もおトクな手数料体系なのか、検証してみましょう。手数料体系は2プラン日本株の現物取引の場合、ネット証券各社のほとんどは下記の2コースの手数料プランを用意しています。その①【約定金額ごとのプラン】こちらのコースは取引1回ごとに、約定金額に応じた手数料金額が決められているプランです。10万円、50万円、100万円、200万円、300万円以内、といった具合に約定金額が大きくなればなるほど取引手数料も高くなる仕組みで、定番の手数料プランと言えます。その②【1日定額のプラン】こちらは1日ごとのトータルの取引金額に応じて、手数料金額が決まるプランです。その日に何度取引しようとトータルの取引金額が100万円までなら〇〇円、300万円までなら〇〇〇円といった具合に手数料金額が決められています。デイトレーダーなど、1日の取引回数がとにかく多い人は、こちらのプランが有利になると言えそうです。各社のプランごとの手数料体系今回は下記の主なネット証券9社の手数料体系をプランごとに調べてみました。SBI証券楽天証券auカブコム証券松井証券マネックス証券岡三オンライン証券GMOクリック証券DMM.com証券SBIネオトレード証券■約定金額ごとのプランの手数料(税込)一覧

「最も運のある馬が勝つ」三冠レース2戦目 2022年の日本ダービーの注目馬は?

競馬大好き、マネー探検隊のりんです。5月も半ばを過ぎ、GⅠレースも日々盛り上がりを見せていますね。そのなかでもやっぱり注目は、そう!日本ダービーです。皐月賞を終え、2冠目となる日本ダービーは2022年5月29日(日)に東京競馬場で開催される予定です。今年のクラシック競争ではどんなドラマが待っているのか……日本ダービーがどんなレースなのか、主な馬券の購入パターン、個人的な今年の注目馬などを紹介していきたいと思います。日本ダービーとはどんなレース?日本ダービーとは正式には「東京優駿」という名称で、毎年5月の最終週に開催されるレースです。東京競馬場の芝2400mが舞台となります。3歳馬によるレースで、4月に行われる皐月賞・10月に行われる菊花賞とともに、「三冠競争」と呼ばれています。皐月賞、日本ダービー、菊花賞の3レースすべてを勝った馬が「三冠馬」といわれるのはこのためです。牝馬限定の3歳のレースである、桜花賞、優駿牝馬(オークス)と上記の三冠競争3つ、合計5のレースを総称して「クラシック競争」とも呼ばれています。三冠競争にはそれぞれ格言があり、皐月賞は「最も速い馬が勝つ」、菊花賞は「最も強い馬が勝つ」といわれるのに対し、日本ダービーは「最も運のある馬が勝つ」といわれています。これは、昨今の日本ダービーは18頭立てでのレースに対し、昔は20頭以上が出走するレースであったことから、枠順やレースでの位置取り(他の馬に邪魔をされない)など、勝つために運も大きく関係したことが由来と言われています。

<2022年5月>ピックアップ優待銘柄

2022年5月の株主優待をピックアップしてご紹介します。5月は、株主優待の利益確定銘柄が最も少ない4月に次ぎ、約40弱銘柄ほどです。クリエイトSDホールディングスやツルハホールディングスなどドラッグストアチェーンの銘柄が多く、店舗で使える商品券がもらえます。また優待品として人気の高いクオカードや地域特産品がもらえる銘柄もあります。権利付き最終日は5月27日(金)です。5月の注目優待銘柄◆サカタのタネ(1377)🎁カタログギフト種子・苗木など農園芸用品の生産や販売、その他育種の研究や造園工事などで国内、世界に貢献しています。高品質のタネを生産・供給するために、世界各地で品種に適した土地での育成、採種を行っています。優待全銘柄のなかでも人気の高いサカタのタネの優待品。保有数によってA~Cコースあるカタログギフトの品から1点選べます。優待発生株数:100株 | 最低投資金額 :424,198円配当利回り : 0.89% | 優待利回り :-%権利確定月      : 5月 | 権利確定日 :月末サカタのタネの優待詳細はこちら◆クリエイトSDホールディングス(3148)🎁買い物優待券、全国共通おこめ券、カタログギフト郊外型スーパードラッグストアのパイオニアとして、神奈川県を中心に展開しています。「地域連帯薬局」を目指し、調剤薬局を併設し地域医療との連携に積極的に取り組んでいます。100株以上で「薬クリエイト」の買い物券1,500円分かおこめ券3枚(3kg相当)が贈呈されます。300株以上からおこめ券に代わり、保有数に応じたカタログギフトが選択できます。優待発生株数 :100株 | 最低投資金額 :291,398円配当利回り   :1.51% | 優待利回り :0.51%権利確定月        :5月 | 権利確定日 :月末クリエイトSDホールディングスの優待詳細はこちら◆キャンドゥ(2698)🎁株主優待券100円ショップ大手のキャンドゥは、今年イオンの連結対象子会社となり、イオングループと協業で改革を打ち出しています。100均ショップはいくつかありますが、「これで100円?」と思わず手に取ってしまうようなデザインの商品から、「これ欲しかった」というような消費者目線の便利グッズまで数多く揃っています。優待品は、店舗で使用できる株主優待券で100株以上で20枚(2,000円+税相当)、300株以上で40枚(4,000円+税相当)と保有数によって贈呈枚数がアップしていきます。優待発生株数 :100株 | 最低投資金額 :255,598円配当利回り    :0.66% | 優待利回り :0.80%権利確定月         :5月 | 権利確定日 :月末キャンドゥの優待詳細はこちら◆ヤマシタヘルスケアホールディングス(9265)🎁オリジナルクオカードMRIやCT、内視鏡など医療機器を販売、メンテナンスなどを行っている会社です。優待のクオカードは、保有数と継続保有期間によって贈呈額が変わります。100株1年未満の保有でも500円相当のクオカードがもらえます。配当利回りも4.47%と高め。優待発生株数 :100株 | 最低投資金額 :201,498円配当利回    :4.47% | 優待利回り :0.24%権利確定月        :5月 | 権利確定日 :月末ヤマシタヘルスケアホールディングスの優待詳細はこちら◆ラクト・ジャパン(3139)🎁オリジナルクオカード、カタログギフト乳原料やチーズなどの乳製品、食肉食材などの輸入を主な事業としている食品専門商社です。日本が輸入する乳製品原材料取扱量のうち35%を同社が占めています。シンガポール、タイ、アメリカ、オーストラリアなど海外10カ国に現地法人があり、最良な原料供給に努めています。継続保有年数が3年未満で、クオカード1,000円相当、継続保有年数3年以上になるとカタログギフトのなかから1点選択できます。カタログギフトの内容ですが、長門牧場のアイスクリームセット、町村農場のバターなど人気の乳製品(一部ハムなど)が揃っています。優待発生株数 :100株 | 最低投資金額 :202,998円配当利回り   :1.57% | 優待利回り :0.50%権利確定月        :5月 | 権利確定日 :月末ラクト・ジャパンの優待詳細はこちら※最低投資金額、優待条件等、2022年5月17日時点のものです。購入のタイミング買いたい企業(銘柄の株)が定めている権利付き最終日(権利確定日の2営業日前)までに株を購入し、翌営業日(権利落ち日)まで保有している必要があります。権利付き最終日の翌営業日である「権利落ち日」に買付けをしても、狙っている当月の株主権利を取得することはできません。

【ETF自動売買】一瞬あがるも長続きせず<ニコ>

こんにちは、ニコです。あっという間にGWも終わってしましましたね。どーんと旅行に行ったわけでも、特別な事をしたわけでもないのですが、やはり何となくお祭り感が消えてしまうさみしさがあります。気になっていた細かい部屋の掃除、衣替えができてスッキリはしました!現在のポジションGW中はあまり見ていませんでしたが、TOPIXで少しだけ利益が出ていました。TOPIXは、GW直前27、28日1930くらいまで下がっていたところから少しずつ上昇し、2000を超えてきていました。しかし。週明け本日9日、1975と下落しての始まりとなりました。S&P ETFは、瞬間あがるものの長続きせず、また同じレベルまで落ちていて、なかなか上昇していかず、もどかしいところです。-------------------------------------------------<約定済>【S&P500 ダブル_ヘッジャー】・実現損益:+1,965円(2021.12.28にすべて約定)【日経レバ_スリーカード】・実現損益:+3,800円(2022.3.25にすべて約定)--------------------------------------------------<現在の保有銘柄>【S&P500 ETF 買い】・評価損益:-75,635円(2022.5.9.10:40AM時点)【TOPIX連動ETF_追尾】・実現損益:+1,590円・評価損益:-1,300円(2022.5.9 10:40AM時点)-----------------------------------◆開始時:300,352円◆2022.5.9 10:40AM時点:306,938円/評価損益:-76,935円

4月は下げ相場、5月はどうなる?<りん>

こんにちは、マネー探検隊のりんです。今年のGWは3連休が2回続くという不思議なカレンダー回りですね。連休⇒1日仕事⇒お休み となっているので、曜日感覚が狂う感じがします。さて、先週の取引の結果は?<先週注文した銘柄>GBP/JPY ベア(下落) KO スポット 銀 KO ブル(上昇)<現在の資金>¥181,130先週から-¥14934月の米株は最後の最後まで下げる展開になりましたね。それにつられて、各国の株価も下げ気味です。5月はどうなるのか・・・セルインメイは実現するのでしょうか。。。こんな相場だと売りづらいですよね。。金・銀も下げ気味で、商品は投資先によってチャートの形が全く違う状態になっています。金・銀・原油はいつもチェックしていますが、ここまで色々ばらばらな動きをしていると、追加で天然ガスとコーンをついチェックしてしまいますね。。ドル円を見ると先週一気に上昇し、130円台を超えました。まさか人生のうちに130円超えのドル円を見ることがあるとは・・・日本の祝日やメーデーの影響か、先週金曜日から下げ、一時的に120円台に戻りましたが、また今日130円台で推移しています。すごい勢いのドル高です。。通貨の強弱を見ると、4月20日以降あたりから米ドル円が圧倒的に強い状況が続いています。まだまだドル高が続くんですかね・・・為替からもなかなか目が離せません。<今週の小話>今週はGⅠ、天皇賞・春がありました。長距離は騎手で買えという競馬の格言があるのですが、今回有力騎手はみんな人気薄に騎乗・・・非常に難解な予想でした。。。ただ、昨年の菊花賞で長距離単騎逃げ勝ちから学んだわたしは、タイトルホルダーの単勝を購入。しっかり馬券は取れました・・・!アクシデントはあったものの、3200mという長距離で7馬身差の圧勝劇をしたタイトルホルダー、本当に強かったです。横山和生騎手も、初GⅠタイトル、とってもおめでたいですね。では、今週も1週間頑張りましょう~(*'ω'*)

老舗&大手ネット証券の代表格 米国株充実のマネックス証券<2022年4月更新版>

株、投資信託、FXなど金融商品取引の主流となったネット証券ですが、その先駆者のひとつであるマネックス証券。長年業界を牽引するなかで、投資家の声に耳を傾け、さまざまなサービスを実現させています。豊富な情報、サイトやツールの見やすさ使いやすさで、初心者から投資経験者まで幅広い層に人気があります。マネックス証券の主な魅力<その1>米国・中国株の取扱い銘柄トップクラス<その2>投資情報・ツールが充実<その3>IPOを狙うならマネックス!【米国・中国株の取扱い銘柄トップクラス】マネックス証券最大の特長として、米国株と中国株の取扱い数の多さが挙げられます。<米国株>約4,900銘柄超(個別銘柄・ETF・ADR含)アップル、テスラ、メタ(フェイスブック)など<中国株>約2,600銘柄テンセント、ペトロチャイナ、中国銀行など*2022年4月28日時点世界的な大企業や成長が期待できる企業など、取扱い銘柄は日々アップデートされています。また、顧客から米国株の銘柄追加の要望を受付ける「シンボル+(プラス)」というサービスがあります。売買手数料について、米国株は買付け時の為替手数料が0円(売却時は1ドルあたり25銭)と実質的なコストが抑えられます。また、中国株は売買手数料が他社と比べて割安なので、これらの商品をメインに投資をするなら取引しやすい環境といえます。NISA口座を利用しての取引も可能で、買付時の国内手数料(税込)が恒久的に全額キャッシュバックとなっています。現在、「USAプログラム(米国ETF買付応援プログラム)」を実施しています。バンガード、ブラックロック、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ、ウィズファムツリーなどの米国ETFの対象銘の買付手数料(税抜)が全額キャッシュバックされるため、実質無料で買付できます!📢USAプログラム(米国ETF買付応援プログラム)