マネー探検隊が行く!

記事一覧(196)

【2022年9月】いま行ける海外旅行は?<フィリピン編>

セブ島などの南国リゾートとして有名なフィリピン。59日以内の観光目的でのフィリピンへの入国には、ビザなどは必要ありません。※本記事はあくまで日本国籍を持つ人が短期の観光旅行を前提とした条件です。※最新情報は必ず大使館などでご確認ください。在フィリピン日本国大使館ホームページコロナ関連で入国時に気を付けることは?以下の要件を満たした場合、到着後に隔離なしで行動が可能です。※ただし、到着日から7日間は自身での健康観察をすること。※コロナ感染もカバーできる海外旅行保険への加入は任意ではありますが強く推奨されています。<入国可能な人>■規定回数以上のコロナワクチンを接種して2週間以上経過した人 ※12歳未満の子どもは、保護者同伴の場合にはワクチンの接種は不要<必要な書類・準備など>■ワクチン接種証明書(英文)ワクチンを規定回数以上接種していない場合はどうするの?以下の要件を満たした場合、到着後に隔離なしで行動が可能です。※ただし、到着日から7日間は自身での健康観察をすること。※コロナ感染もカバーできる海外旅行保険への加入は任意ではありますが強く推奨されています。<必要な書類・準備など>■48時間以内のPCR検査または24時間以内の抗原検査の陰性証明(英文):保護者同伴の場合、12歳未満は不要。出発前に!日本への帰国方法もおさえておこう日本への帰国時の対応については、各国・地域によって細かく対応が分かれるようです。日本入国時の検査措置など

【2022年9月】いま行ける海外旅行は?<タイ編>

アユタヤ遺跡群やエメラルド寺院などの観光スポットを多数保有するタイ。観光目的でのタイの入国には、30日以内の滞在に限りビザの申請は不要です。※本記事はあくまで日本国籍を持つ人が短期の観光旅行を前提とした条件です。※最新情報は必ず大使館などでご確認ください。在タイ日本国大使館ホームページコロナ関連で入国時に気を付けることは?タイへの渡航については、ワクチン接種状況によらず全ての渡航者に対してタイ入国後のPCR/抗原検査および隔離措置が廃止されました。タイ到着後、書類審査が無作為に実施されますので、書類不備が発覚した場合は現地職員の対応及び指示に従って下さい。また、発熱症状等がある場合は自費にてRT-PCR検査または抗原検査を実施して頂く場合があります。<入国可能な人>■規定回数以上のコロナワクチンを接種して2週間以上経過した人 ※18歳未満の子どもは、保護者同伴の場合にはワクチンの接種は不要 ※5~17歳の子どもが単独で渡航する場合は、ワクチンを1回以上接種して2週間以上経過した人■ワクチン未接種の方:諸条件があります。 ※後述します。■コロナ感染歴がある方は、14日間経過後かつ完治もしくは症状なしの場合に渡航可能。 ※後述します。<必要な書類・準備など>■ワクチン接種証明書(英文):国の公的機関・地方自治体により発行されたもの(紙版もしくは電子版ワクチンパスポート)■1万米ドル以上の治療補償がある医療保険証、所属会社からの医療費保証レター、もしくはタイ社会保険加入証明書(SSOカード等)のいずれか ※任意になりました!■事前にタイランドパスの申請が必要です。※タイランドパスの申請が不要になりました!ワクチンを規定回数以上接種していない場合はどうするの?通常の必要準備に加えて、以下の条件を満たすことで、タイ到着後のPCR検査や隔離措置が不要になります。■渡航前72時間以内に医療機関により発行されたPCR検査または抗原検査による新型コロナウイルス非感染証明書(英文/原本) ※6歳未満の子供は非感染証明書を提示する必要はありません。コロナに感染歴のある人はどうするの?感染後3ヶ月以内にタイへ渡航する場合には、通常の必要準備に加えて、以下の書類が必要となります。■医療機関より発行された治癒証明書または健康診断書を持参:陽性判明日、療養期間、完治もしくは症状なしの記述、及び医師の直筆サインの記載があるもの。感染後数ヶ月間陽性反応が持続する可能性があるため、渡航後タイ国内で陽性となった場合、療養期間を終えている証明になります。出発前に!日本への帰国方法もおさえておこう日本への帰国時の対応については、各国・地域によって細かく対応が分かれるようです。日本入国時の検査措置など

【2022年9月更新】地元でなくても利用できる! 地方銀行ご当地インターネット支店

地方銀行というと、地域密着型のサービスが中心で、地元の人だけが利用しているイメージがあるかもしれません。しかし一部の地方銀行では「インターネット支店」を開設しているところがあります。今回は、そのなかでもユニークな定期預金を提供しているインターネット支店を5つご紹介します(2022年9月28日現在)。インターネット支店とはまずインターネット支店とは、文字通り口座開設から取引までインターネットで完結する支店のことです。リアル店舗(店頭窓口)はなく、通帳の発行もしていません。年齢制限があるものの、一部の銀行を除き日本国内に住所があり居住していれば利用できます。パソコンやスマートフォンからいつでも取引できるうえ、提携金融機関のATMやコンビニATMなどからお金を引き出せますので、その土地で暮らしていない人でもネット銀行のように利用できるメリットがあります。利用者の対象が全国規模のせいか、支店名が個性的なインターネット支店が数多くあります。また都市銀行と比べて、高金利を提供している定期預金も見受けられます。1.鳥取銀行/とっとり砂丘大山(だいせん)支店とっとり砂丘大山支店には、定期預金を預けながらふるさと納税ができるのが「故郷(ふるさと)とっとり応援定期」があります。「故郷とっとり応援定期」鳥取県外の居住者限定の定期預金で、預金利息の中から毎年1万円ずつ、鳥取県ふるさと納税「こども未来基金」に寄付されます。ふるさと納税ですから、もちろん返礼品がもらえます。返礼品は肉や海の幸、スイーツ、アイス、干物、ワインセットなど、地元の食材を堪能できるラインナップから選べます。この定期預金は1口500万円、預入期間1年で年0.26%の金利が付きますので、実質0.06%で預金しながら、1万円分のふるさと納税もできるといったところでしょうか。ほかにも、新規で預ける資金に限定したインターネット支店専用定期預金が3種類あります。らくだ定期: 1口100万円、預入期間1年で年利0.05%砂丘定期 : 1口300万円、預入期間1年で年利0.75%大山定期 : 1口500万円、預入期間1年で年利0.10%鳥取銀行/とっとり砂丘大山支店はこちら

【2022年9月】いま行ける海外旅行は?<シンガポール編>

マーライオンやマリーナベイサンズなど、SNS映えスポットが豊富なシンガポール。観光目的でのシンガポールへの入国には、6カ月以上有効なパスポートを保有していれば、ビザなどは必要ありません。※本記事はあくまで日本国籍を持つ人が短期の観光旅行を前提とした条件です。※最新情報は必ず大使館などでご確認ください。在シンガポール日本国大使館ホームページコロナ関連で入国時に気を付けることは? シンガポールへの渡航の詳細は、こちらをご参照ください。次の要件を満たしている場合、検疫テストなどなしでシンガポールに入国できます。<入国可能な人>■規定回数以上のコロナワクチンを接種して2週間以上経過した人 ※12歳未満の子どもは、ワクチンの接種は必須ではありません。 ※ワクチンを未接種の人も一定の要件を満たすことで入国ができるようになりました!<必要な書類・準備など>■ワクチンの接種証明(英文):アプリも紙もOKです。■SG入国カード(SGAC):旅行中の健康等の詳細を申告するものです。シンガポールに到着する3日前までに記入が必要です。申請などはこちらから■接触・移動確認アプリ「Trace Together」のダウンロードと必要情報の登録(任意)ワクチンを規定回数以上接種していない場合はどうするの?ワクチンを規定回数以上接種していない人も、以下の要件を満たすことで入国できるようになりました。<必要な書類・準備など>■陰性証明(英文):出国の2日前までに迅速抗原検査またはシンガポールが承認した医療機関によるリモートでの検査を受ける。※ただし、シンガポールへの出発日の 14 ~ 90 日前に COVID-19 の検査で陽性であった場合は不要。■SG入国カード(SGAC):旅行中の健康等の詳細を申告するものです。シンガポールに到着する3日前までに記入が必要です。申請などはこちらから■保険の証書:30,000ドル以上の医療保険を備えた COVID-19 をカバーする旅行保険への加入。詳しくはこちら。■接触・移動確認アプリ「Trace Together」のダウンロードと必要情報の登録(任意)出発前に!日本への帰国方法もおさえておこう日本への帰国時の対応については、各国・地域によって細かく対応が分かれるようです。日本入国時の検査措置など

【2022年9月】いま行ける海外旅行は?<カンボジア編>

アンコールワットなどの歴史的な建造物で有名なカンボジア。カンボジアへの入国にはビザが必要です。カンボジア王国大使館(東京)、または名誉領事館(札幌、名古屋、大阪、福岡)で申請できます。詳しくはこちら【査証料金】観光ビザ3,900円 ※別途手数料がかかる場合があり。発行日から3ヶ月有効、入国から1ヵ月滞在可能です。※2022年6月更新の記事でビザは不要と書いてありましたが誤りです。大変申し訳ありません!公用パスポートの条件と見誤っていました。※本記事はあくまで日本国籍を持つ人が短期の観光旅行を前提とした条件です。※最新情報は必ず大使館などでご確認ください。在カンボジア日本国大使館ホームページコロナ関連で入国時に気を付けることは?ワクチンの接種の有無によって入国の可否が分かれることはありませんが、ワクチン未接種の方には空港での検査が必須となります。詳しい情報はこちらから<入国可能な人>■規定回数以上のコロナワクチンを接種した人:隔離措置なし、抗原検査等なし ※18歳以下の子どもは、同行する保護者が接種済みの場合は同様の扱いとなります。■コロナワクチン未接種の人:空港での迅速抗原検査 ※詳しくは後述<必要な書類・準備など>■ワクチン接種証明書(英文/紙のみ)■空港での抗原検査(任意/自己負担)■ 新型コロナウイルスをカバーする保険への加入(任意)詳しくはこちらワクチンを規定回数以上接種していない場合はどうするの?2022年7月より、入国条件が緩和されました!到着時に迅速抗原検査をうけることで入国が可能です。<カンボジア入国時の対応>■空港での迅速抗原検査(5米ドル/自己負担) ⇒陰性の場合:隔離が不要。 ⇒陽性の場合:保健省または関係当局が指定する施設での隔離。隔離7日目に自身で迅速抗原検査を行い、結果が陰性であれば隔離終了。結果が陽性の場合は、以降48時間毎に検査を行い、陰性となった時点で隔離終了。出発前に!日本への帰国方法もおさえておこう日本への帰国時の対応については、各国・地域によって細かく対応が分かれるようです。日本入国時の検査措置など

【2022年9月】いま行ける海外旅行は?<インドネシア編>

バリ島、スマトラ島、ジャワ島などさまざまな群島から成るインドネシアは、リゾートも歴史も楽しめる国です。※本記事はあくまで日本国籍を持つ人が短期の観光旅行を前提とした条件です。※最新情報は必ず大使館などでご確認ください。在インドネシア日本国大使館ホームページインドネシア入国の基本情報30日以内の観光目的でのインドネシア入国には、到着後に空港等でビザ・オン・アライバル(VOA)を取得する必要があります。<VOAの取得に必要な査証>残存有効期間が6か月間以上ある旅券復路の航空券又は他国に向かう航空券医療保険加入書(保険内容が新型コロナに罹患した場合の治療費・移送費等に対応しているもの。)※医療保険の加入書が不要になりました!※ビザの取得には、別途費用が必要な場合もあります。コロナ関連で入国時に気を付けることは? 原則、規定回数以上のコロナワクチンを接種した人は、PCR検査の陰性証明書は不要です。また、到着後のPCR検査や抗原検査、隔離や自主待機措置は行われていません。入国後の国内移動も可能です。※事情によりワクチンを接種できない方も、診断書(英文)があれば入国が可能です。詳しくはこちら<入国可能な人>■規定回数以上のコロナワクチンを接種して2週間以上経過した人    ※18歳未満の子どもは、ワクチンの接種は必須ではありません。<必要な書類・準備など>■ワクチン接種証明書(18歳以上):日本政府が発行したワクチン接種証明書は、書面又はデジタルのいずれでもOK(英文)■健康上の理由によりワクチンを接種できない場合:ワクチン接種不適である旨の国立病院発行の診断書(英文)を提示。■出発前に陽性となった場合:日本の医療機関発行の診断書が必要。■医療保険加入書:滞在期間中に新型コロナウイルスに罹患した場合の高額治療費や緊急移送費用をカバーできる内容の海外旅行医療保険へ加入してください。その他の情報インドネシアでは、外国人の入国に際し、アプリ「PeduliLindungi」のダウンロードと接種証明書の登録を求めています。ただ、ダウンロードしていなくても書面又はデジタル証明書の提示で入国可能のようです。インドネシア国内でいろいろな施設を利用する際にアプリの提示が必要になる場合もあるため、ダウンロードしておくと便利ですが、不具合が多いようで、その場合は日本の接種証明のコピーなどでもOKになることが多いそうです。※証明書の登録は、保健省専用ウェブサイトから行ってください。出発前に!日本への帰国方法もおさえておこう日本への帰国時の対応については、各国・地域によって細かく対応が分かれるようです。日本入国時の検査措置など

インフレ加速!年末までに値上がりするものは?

前回6月に「値上げの夏」で6月~8月に値上げするものをまとめましたが、状況はむしろ悪化している様相です。以前記事を書いた時点で、すでに10月値上げ分を発表しているところもありましたが、インフレ加速にともない、食料品、生活必需品の値上げのニュースが続々と流れ、さらなる値上げの波が押し寄せるようです。2022年もあと数カ月、この先一体何が値上がりするのでしょうか。10月に値上げが予定されているものは約6,500品目超帝国データバンクによると、ウクライナ情勢にともなう供給制約への懸念などによる原材料価格の高止まりや円安の進行などを背景に、企業の仕入れコストは引き続き上昇傾向にあります。8月に行った企業の値上げ動向のアンケート結果では、「4月~6月にすでに値上げした」と回答が48.7%と最も多く、次いで「10月~12月に値上げ予定」が16.7%と多い結果でした。また、「食品主要105社」価格改定動向調査(8月)では、10月では年内最多の6,532品目で値上げが予定されています。他、日本食糧新聞調べでは、8,500品目ともされていて、さらに多くなることが懸念されます。一体「何」が値上がりするの?具体的にどのようなものが値上がりするのか気になるところ、一部ピックアップしてみました。

親子上場ってなに?日本独特の慣行?

株式投資に興味がある人なら知っておきたい親子上場。親子上場は欧米ではあまりみることがなく、日本独特の慣行と言われることもあります。そして、この親子上場について問題視する人も多くいます。今回は親子上場をするメリットやデメリット、現在親子上場している日本企業を紹介していきたいと思います。親子上場ってなに?親子上場とはその名の通り、親会社と子会社がそれぞれ上場している状態のことです。上場子会社とは、親会社が子会社の議決権の過半数を保有している、または取締役の選任を通して事業方針や人事などの決定を支配されている企業のことです。親子上場の問題点ネガティブなイメージがあるとはいえ、親子上場は法律違反ではありません。ただ、親子上場はさまざまな問題を抱えています。その代表的な問題点は「利益相反」です。子会社の新規上場によって、決定権を持つ親会社と新たに子会社の株主となった少数株主が誕生することになります。そして株式会社は、株主の利益を最大化することが求められます。しかし、親会社に支配されている企業は少数株主の利益よりも親会社やグループ会社の利益を優先し、子会社に投資をした少数株主の利益を後回しにすることがあります。親子上場のメリット・デメリット親子上場を行う企業は海外に比べて日本は比較的多いです。なぜ日本企業は親子上場をするのかというと、もちろんメリットがあるからです。親子それぞれの立場からみたメリット、そしてデメリットをお伝えしていきます。親会社側のメリットメリット1親会社が新たな事業に投資するための資金を、子会社の株式売却によってすばやく調達することができます。メリット2上場によって子会社の信用力が増し、親会社やグループ全体の価値が向上することが期待できます。親会社側のデメリットデメリット1親会社にとっては、子会社が上場することで少数株主が誕生し、経営支配の自由度が低下、迅速なグループ経営が難しくなります。デメリット2配当等の支払いにより子会社の利益がグループ外に流出する可能性が高くなります。子会社側のメリットメリット1親会社から独立することで、経営の自由度が増し経営の裁量が増える点がメリットと言えます。メリット2上場することにより企業としてのステータスが向上、子会社独自のインセンティブ制度を設定することもできるため従業員のモチベーションを向上することができます。子会社側のデメリットデメリット1上場することで高いレベルのガバナンスが要求されることになるため、内部統制などによる内部管理体制コストが増加したりと、今までかからなかった費用がかかる可能性がでてきます。デメリット2親会社への依存度低下による営業力の低下や事務コストの負担が増える可能性が高いです。親子上場をしている日本企業日本の親子上場はここ数年、減少傾向にあります。ただ、2022年7月に楽天グループ傘下である楽天銀行が東京証券取引所に新規上場申請を行ったと報道がありました。日本企業は親子上場を解消する企業もありますが、まだまだこれから親子上場を行う企業もあります。では最後に、2022年9月22日時点で親子上場の状態が続いている企業を紹介したいと思います。親子上場の例1親会社:キリンホールディングス子会社:協和キリン親子上場の例2親会社:信越化学工業子会社:信越ポリマー親子上場の例3親会社:住友化学子会社:住友ファーマ親子上場の例4親会社:三菱重工業子会社:三菱ロジスネクスト親子上場の例5親会社:富士通子会社:FDKいかがでしょう。皆さんも一度は聞いたことがある企業ばかりではないかと思います。ます。他にも親子上場の会社や親子上場関連の株価などが気になる方はこちらからチェックすることができます!まとめ今回は、親子上場について解説しました。親子上場は、メリットもありデメリットもあります。そして日本企業はまだまだ親子上場は多いです。個人投資家としては必ずしもデメリットだけではないので、親子上場=ダメだと決めつけずに、しっかり企業ごとの業績をチェックし、適切な判断をもって株式投資を行うことが重要です。

FX取引の参考にしたい 有識者メールマガジンサービス一覧

FX取引をするとき、どんな情報を参考にしていますか?独学でテクニカル分析、ファンダメンタル分析等をする場合、勉強に莫大な時間を要してしまうため、なかなか勉強時間が取れない・・・といったことがあるのではないでしょうか。もちろん、自身で勉強して身に着けた知識や戦略でFX取引に挑めると良いですが、誰もができることではないと思います。そんなときに参考にしたいのが有識者の配信しているメールマガジンサービス。信頼できるコンテンツを選び、投資の参考にできれば、自身のトレードの質が大きく向上するかもしれません。しかし、世間では、怪しい情報商材や詐欺まがいの情報提供コンテンツが存在するのも確かです。FXをはじめ、金融商品のメールマガジンを配信するには、金融庁の認可が必要です。その点をきちんと見極めれば、良いコンテンツを選べる可能性が高まります。本記事では、金融庁の認可を得ている提供会社から配信されている、FXに特化した有料のメールマガジンサービスについて紹介します。FPnetFPnetでは「投資助言・投資スクール」という名称で、元チーフトレーダー集団が本格的な投資助言を行うサービスを提供しています。日本国内でも有数の登録者をもつFPnetでは、マーフィー氏や西原宏一氏、竹内のりひろ氏など、FX界隈の著名人によるコンテンツが充実しています。詳しくはこちらから。グローバルリンクアドバイザーズグローバルリンクアドバイザーズはFX・日本株・新興国株のエキスパート集団による投資戦略配信やファンド運用サービスを提供しています。利用者実績は2万人を超え、創業22年の信頼感で多くの支持を得ています。伝説のアナリストとよばれる陳満咲杜氏や元ディーラーの水上紀行氏、ペンタゴンチャートの第一人者と言われる川口一晃氏といったバラエティに富んだコンテンツが用意されています。詳しくはこちらから。ゴゴジャンゴゴジャンではシステムトレードやインジケーターの発売をはじめ、トレードに役立つ多くのコンテンツを提供しています。記事コンテンツや動画コンテンツも用意されており、興味のあるものを購入ができるため、初心者から上級者まで欲しい情報を探すことも。投資助言サロンでは、田代岳氏(YEN蔵氏)によるメールマガジンや、志摩力男氏によるビデオスクール等が用意されています。詳しくはこちらからダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチは、ザイFX!の運営元で、言わずと知れたダイヤモンドZAiのFXに特化したサイトです。サイト自体にFXに関するコンテンツが充実しているのはもちろん、提供しているメールマガジンも豪華な有識者が揃っています。中でも以下3名のコンテンツは非常に人気を博しています。1.「FXプレミアム配信 with今井雅人」元邦銀のチーフディーラーで元国会議員の今井雅人氏によるメールマガジン。その日のニュースをコンパクトに解説したり、今後の為替の値動きの予測や、今井雅人氏のポジションを配信することも。