ヨーロッパの最近のブログ記事


先週書いたトルコ編の続きです。

イスタンブールからフェリーに乗って、約2時間のところにあるのが、
ブルサという都市です。

ここは、ハマムというお風呂icon:ehot_springが有名です。
日本でいうと、箱根湯本、といった感じでしょうか...icon:face_shy

観光客も、
銭湯のような庶民的なものから、
セレブ感満載のおしゃれなものまで、いろんなハマムを体験できます。


ブルサの名物といえば、イスケンデルケバブ。
パンの上に、羊肉のトマト煮がかかっていて、ヨーグルトソースで食べるというものです。
お肉を食べてます!という満足感は、半端ありません。

food.jpg
右側の白い塊が、ヨーグルトソースです。

トルコはヨーグルト発祥の地といわれていて、
飲み物のメニューであったり、ソースとしてかかっていたりなど、
ヨーグルトが食事に出てくることはよくありました。


ブルサのもう一つの顔は、
ルノーなど、世界的な自動車メーカーの工場がある工業都市、ということです。

町並みは、高層ビルが比較的多く、
建築中の競技場や鉄道など、インフラ整備が進んでいる印象です。
成長国らしい勢いを感じました。

burusa2.jpg
ブルサの町並み

burusa.jpg
建設中の競技場(らしきもの)

|ヨーロッパ |中東


先日、トルコに行ってきましたicon:face_self-conscious_smile

トルコは今、経済成長が期待されている新興国のひとつ。
2012~13年の経済成長率は、2~3%です。

その地理的特徴から、
ヨーロッパ文化とアジア文化が共存しているという予測の元、
さていったいどんな国なのか...

まずトルコといえば、イスラム教徒が多い国として有名です。
もちろん街には、たくさんのモスクがあります。
一番有名なモスクは、イスタンブールにあるブルーモスクです。

bluemosque.jpg

DSC_0259.jpg
内装のタイルの装飾が見事です。

ブルーモスクの近くには、
オスマン帝国時代の支配者の居城であり政治的中枢であったトプカプ宮殿も近くにあり、
観光客がっぱい。

DSC_0143.jpg
ものすごい人々

観光客も、東アジアの人だけでなく、
ヨーロッパや南米など、いろんな人が訪れています。

イスタンブールは、国際的な観光都市であることを実感しましたicon:face_shy



|ヨーロッパ |中東

こんにちは、ニコです。
ご無沙汰ぶりのブログです。


人気ブログランキングへ


お休みをいただいて、新婚旅行に行ってまいりました。
場所はポルトガルのアソーレス諸島、大西洋に浮かぶ9つの群島で
そのうちの4つの島を訪れました。

まず旅行を決める際、今回のような長期の休みは取れないから
とにかく遠くへ行こう!ということにで、
1.モロッコ
2.ボリビアのウユニ塩湖
3.アソーレス諸島

の3案がでました。

1.は結構一般的な旅行先になっている、
2.は条件が揃わないと観たい景色が見られない

ということで、アソーレス諸島に。

ただなんせ日本の真裏側、
しかも群島なので移動が多い分、運賃もかかるだろうなぁ・・・とicon:car04

でも、調べてみるとヨーロッパ各国からLCC(格安航空便)で
いくつか便があり、思ったより安く行けることが判明!
本決まりとなりましたicon:kira01

ツアーには乗らず(といっても日本ではわずかですが)、個人で
調べていろいろ手配したのですが、世界は狭くなりましたね。
TripadvisorやらBooking.comやらはたまたfacebookで
情報が得られてしまうんですものねicon:kao-a17

たまたま見つけたタクシーツアーガイドのサイトに問い合わせた
ところ、非常によい方で日本にいるうち、また旅行先でも
いろいろ手伝ってくれました~icon:e2f
(振り返ると全てその人が全て協力してくれてました・・・)

ホテルも旅行前にホテル予約サイトから全て手配!
一応ヨーロッパのリゾート島地なのでそれなりにするかと
思いきやホテルがまた安いんです!

今回島で宿泊した一番良いところでも、一泊一部屋(朝食付)?120くらい!
(安いところは、一泊一部屋(朝食付)?65でした。四つ星ホテルですよ!)

ふぅぅicon:beer3

まだ旅行までたどり着いてないですが、
続きはまた今度。。。



|ヨーロッパ

コッツウォルズ小旅行には田舎の風景を観たいという以外に
実はもう一つ目的がありました。

Jamie Cullumというイギリス出身のジャズピアニスト(最近ポップぽいけど...)が
好きなのですが、チェルトナム(コッツウォルズのひとつの町)で開催される
ジャズフェスティバルに彼が出るとの情報がicon:kira01

ウェブでチケットを購入しようと思ったのですが、単独ライブはすでにsoldouticon:kao-a09
でも小さな町のフェスティバルなので会場に行けば、
もしかしたら、もしかしたら会えるかも・・・と淡い期待を持っていってみました。

まぁ、やはり会えなかったのですがicon:cursor_down1
大きなホットドッグをパクつきながら
同じ日に同じ町、同じ空気を感じることができたという
自己満足に浸っていました。。。

IMGP1249.JPG
2人分はあるホットドッグ・・・
食べちゃいましたよ。。。

にほんブログ村 旅行ブログ イギリス旅行へ


新アルバムのプロモーションのために2月に来日、
4月にはツアーで来日。そして次はFUJI ROCK!
・・・まぁ、行きませんが、来日するというだけで心が躍ります♪

IMG_7954.jpg

4月来日時の一枚(photo by Benjamin)





|ヨーロッパ

ゴールデンウィーク中にロンドンに行ってきました。
火山灰の一件があったので出発するまで
本当に行けるかドキドキしてましたけど・・・
問題なく飛べました。そして帰ってきましたicon:car04

ロンドンは、寒かった。。。
このときだけだったのかもしれませんが、
最高でも12℃、朝晩は10℃切ってましたicon:kao-a11

今回は、春ということもあって
icon:ocherryblossom。 緑と花溢れるコッツウォルズicon:ocherryblossom。゜
を目的で行ったのですが・・・残念ながら雨でどんより。
藤の花や桜など、お花は咲いていましたが何だか残念。

IMGP1244.JPGのサムネール画像

コッツウォルズは、イギリスの田舎の原風景が
残るところと言われています。
石を積み重ねた屋根に土色の壁、
ほんとうにおとぎ話のような風景が広がっています。

どんより雲に負けじと、明るく咲く菜の花に感動していたのですが
どうやらこれは、昔の風景ではないようです。
菜の花が植えられたのは最近で、バイオ燃料として使うためとのこと。

京都議定書での温室効果削減目標は、
すでにクリアしているようですが、
それでもロンドンの街中をみると車が多いです。

IMGP1338.JPGのサムネール画像

にほんブログ村 旅行ブログ イギリス旅行へ
にほんブログ村

|ヨーロッパ

ローテンブルク銘菓
2009年11月23日 02:26
シュネーバルというお菓子をご存知でしょうか。
私はドイツに行ったときに初めて知りました。

直訳すると「雪の玉」という意味で、
ロー テンブルクの名物だそうです。
街のあちらこちらのショーウインドウで
カラフルなシュネーバルを見ることができます。
shunebie.JPG

ひも状の生地をボールのように
丸めて揚げて作るとのことで、
ドーナツのようなイ メージでしょうか。

ガイドさんには
「一応名物だけど特別おいしいものではないです」
なーんて言われてしまったのですけど
やはり、自分で確認してみなければ

シンプルに粉砂糖のかかったものを食べてみました。
thumbnail2.JPG

いやいや、おいしいではないですか
たしかに1個が大きくてどっしりしているので、
何個も食べるのは難しいですが、
素 朴な味で、日本人の口にも違和感なく食べられると思います!
もし、また来る機会があったら
違う味にも挑戦してみたいです。

応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


|ヨーロッパ

マッターホルンの夜明け
2009年10月30日 20:38
スイス三大北壁のひとつ、
マッターホルンを早朝から
見にいってきました

夜明けのころはイマイチな天気でしたが、
根気よく待って いると
きれいなマッターホルンが!
091030ryokoki1.JPG

本当にキレイでした。
あまりにキレイで、何枚も何枚も
写真を撮りました。
富 士さんを思い出したのは
私だけ?




091030ryokoki2.JPG
↑マッターホルンを載せようとしたヒト


091030ryokoki3.JPG
↑マッターホルンを掴もうとしたヒト



|ヨーロッパ

スイスとチョコレート
2009年10月13日 00:15
スイスと言えばチョコレート
私はお菓子のなかでもチョコレー トが大好きなので、
スイスでチョコを食べるのを楽しみにしてました
091013choco.jpg



でも、よーく考えたら、山岳地帯のスイスで
チョコレートの原料、カカオが採 れるなんて聞いた事がありません
調べてみても、スイスが
カカ オが採れる国を植民地としていたこともありません・・・
チョコレート文化が伝わったのは
むしろヨーロッパの中では遅い方だったとこと。

ど うして、スイスといえばチョコレートなんでしょう??

それは、チョコレートの技術革新や庶民への普及に
貢献したのがスイスだから なんだそうです。

制作行程の機械化による価格低下、
ミルクチョコの開発、
コンチング技術の発明・・・
などなど、 今のチョコレートづくりには欠かせない
技術の多くが、スイス発だったんですね~

ちなみに世界で最も多くチョコレートを食べるのも
スイス人で、1年間に11kg 以上
日本は2kg程度のようなので、5倍くらいですね。

|ヨーロッパ

ドイツの交通事情その③
2009年8月21日 23:44
少し時間が空いてしまいましたが、
ドイツでの交通機関のお話の続きです。

電車に乗り込んでみると、
なんとなく落ち着かな いというか・・・
何かが違うのです。
よくよく見渡してみると、そう、広告がないのです!
路線図のみ。
090821-1.JPG

ガイドさんに聞いて見たところ、
どうやら、あえて広告は掲載しない方針のようです。
(理 由までは分からないそうでしたが)
下の写真、背もたれに透明パネルがあるの、
お分かりでしょうか。
090821-2.JPG
こちらも、広告を貼らせないために作っているとか。

日本では、電車もバスもタクシーもス ポーツスタジアムも、
公の施設では少しでもスペースがあれば
広告ペタペタ。
当り前かと思っていましたが、
海外から来る人 にとっては、日本の方が
異様な光景かもしれませんね。


|ヨーロッパ

ドイツの交通事情その②
2009年7月30日 17:11
ドイツには、電車の駅に改札がありません。
駅員さんもいません。
よって誰もが自由に出入りすることができます。

↓ホーム の様子
doitsuhomu.JPG

ホームの中にある券売機でチケットを買って
乗れば良いようです。
下の写真が券売機 です。
そういえばバス停にもありました。
doitsujihan.JPG

改札もなくて駅員さんもいなかったら、
ズルをする人が出てきちゃうんじゃないかな~
な んて思ってたら、案の定、
「チケットを買わないで乗る人が増えたので、
 最近は電車の中でのチェックが厳しくなっている。」
との ことでした。


|ヨーロッパ