ヒヨコマメの最近のブログ記事


先週書いたトルコ編の続きです。

イスタンブールからフェリーに乗って、約2時間のところにあるのが、
ブルサという都市です。

ここは、ハマムというお風呂icon:ehot_springが有名です。
日本でいうと、箱根湯本、といった感じでしょうか...icon:face_shy

観光客も、
銭湯のような庶民的なものから、
セレブ感満載のおしゃれなものまで、いろんなハマムを体験できます。


ブルサの名物といえば、イスケンデルケバブ。
パンの上に、羊肉のトマト煮がかかっていて、ヨーグルトソースで食べるというものです。
お肉を食べてます!という満足感は、半端ありません。

food.jpg
右側の白い塊が、ヨーグルトソースです。

トルコはヨーグルト発祥の地といわれていて、
飲み物のメニューであったり、ソースとしてかかっていたりなど、
ヨーグルトが食事に出てくることはよくありました。


ブルサのもう一つの顔は、
ルノーなど、世界的な自動車メーカーの工場がある工業都市、ということです。

町並みは、高層ビルが比較的多く、
建築中の競技場や鉄道など、インフラ整備が進んでいる印象です。
成長国らしい勢いを感じました。

burusa2.jpg
ブルサの町並み

burusa.jpg
建設中の競技場(らしきもの)

|ヨーロッパ |中東


先日、トルコに行ってきましたicon:face_self-conscious_smile

トルコは今、経済成長が期待されている新興国のひとつ。
2012~13年の経済成長率は、2~3%です。

その地理的特徴から、
ヨーロッパ文化とアジア文化が共存しているという予測の元、
さていったいどんな国なのか...

まずトルコといえば、イスラム教徒が多い国として有名です。
もちろん街には、たくさんのモスクがあります。
一番有名なモスクは、イスタンブールにあるブルーモスクです。

bluemosque.jpg

DSC_0259.jpg
内装のタイルの装飾が見事です。

ブルーモスクの近くには、
オスマン帝国時代の支配者の居城であり政治的中枢であったトプカプ宮殿も近くにあり、
観光客がっぱい。

DSC_0143.jpg
ものすごい人々

観光客も、東アジアの人だけでなく、
ヨーロッパや南米など、いろんな人が訪れています。

イスタンブールは、国際的な観光都市であることを実感しましたicon:face_shy



|ヨーロッパ |中東

2月14日、シンガポールのセントーサ島に、初のカジノがオープンしました!

「シンガポールは、観光に力を入れていて、

その一環として、国を挙げてカジノオープンを計画している」

ということを、現地取材で教えていただいてから、もう1年半も経ったのですね(遠い目)。

 

工事中だったセントーサ島、どんなふうに変わったのかな・・・

↓ということで、工事中のセントーサ島

singa_3827.JPG


応援お願いします。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

|アジア