台湾FX事情② (ワタヤン)
2009年11月 2日 00:56
陳さんとともに台湾に行き、現地金融機関で
働くエリナさんから当地のFX事情をいろいろ
聞いたが、どうやら日本と異なり、
FXはそれほどブームになっていないようだ...

「それでも、日本より台湾の方がFX投資家の
口座数は多いと思います。日本より10年以上
前から取引されている歴史がありますから。

それに、1口座あたりの投資金額も日本より
大きいかもしれません。台湾の富裕層は、
日本人にはちょっと想像できないくらい
大きな額を投資につぎ込みますからね」
と、エリナさん。

台湾における庶民と富裕層の格差は
日本の比ではないようだ。

そういえば、台湾の物価は日本の半分から
1/3程度なのに、不動産価格は日本以上で
不動産屋の張り紙をのぞけば1億円以上の
物件がごろごろある。

「庶民はマイホームを買うことは最初から
諦めています。都心のマンションはどんなに
高くても買い手がつくので、もっぱら富裕層の
投資に利用されています」(エリナさん)

エリナさんによれば、口座を開いて、いきなり
FXに数十億円の資金を入れてくるお客も
いるとか。
台湾の富裕層パワー、恐るべし...

「富裕層ほど投資先の会社の信頼性を
気にします。日本のFX会社は、破綻しても
顧客の資金を守ってくれる信託保全という
すばらしい制度があるので、きっと
台湾FXユーザーの心をつかむと思いますよ。

それに台湾人にとって、日本企業・文化は身近で
親しみやすいと思いますので、欧米企業より
成功する可能性は高いと思います」

エリナさんの話を聞くと、日本のFX会社が
台湾に乗り込めばかなり旋風を吹き起こせそうな
気がする。台湾で、日本のFX会社が第二の
FXブームを生み出すかもしれない。

|アジア