台湾FX事情① (ワタヤン)
2009年10月19日 12:36
9月某日、陳さんとともに台湾FX業界を
調査するため、台北を訪れた。
台湾に行くのは初めてで、非常に楽しみに
していたが、期待以上の面白さだった。

まず初日。
台湾桃園国際空港に到着後、タクシーで
ホテルへ。チェックインを済ませ、
陳さんとともに地下鉄中山駅近くの
鶏料理屋「鷄家荘」へ。
ここで台北の投資顧問会社で働くエリナさん
と合流、美味しい料理をついばみながら
現地のFX事情を聞いた。

「台湾でFXが誕生したのは20年前のこと。
当時は非常に流行したようですが、現在は
それほどポピュラーな投資商品ではありません。
私の友達でもFXをやっている人はいませんね」

20代中頃と思われるエリナさん、若い世代は
あまりFXに興味はないのか?

「やはり資金が豊富な40~50代のお客さんが
多いです。日本のようにネット取引をするのではなく、
営業マン・アドバイザーを通じて取引するのが中心。
みんな信頼できる担当者に、市況のことや
今持っているポジションをどうすればいいかなど
確認しながら取引しています。
相手の見えないネット取引は信用できない、
と考えているのかもしれません。

かつて流行っていたFXですが、お客の資金を
持ち逃げしたり、倒産したりする会社が続出し、
FXのイメージは大きくダウンしました。
かつて数百社あったFX会社も、今では10社
程度まで減っています。
そういったことから、投資家も非常に慎重に
なっているのではないかと思います。

でも、20~30代の若い世代を中心に、
ネットでFXCMやシティバンクなどで取引する
人も徐々に増えていますね。
割合で言えば、担当者を通じて取引する人が7割、
ネット取引する人が3割程度だと思いますよ」

ネット取引中心の日本とはかなり異なる状況!
日本のFX会社は信託保全スキームを備えている
ところを選べば一定の安心が得られるが、
台湾のFX会社には信託保全がないとのこと。
優秀なアドバイザーや営業マンが在籍する
投資顧問会社が優良顧客を確保できるので、
引き抜きも多そうだ。
金額はふせるが、エリナさんも数十人のお客を
抱える敏腕アドバイザー。
日本のサラリーマンと比べるとかなりの高給取り
だった。台湾は物価が安いので、かなり豪華な
暮らしができそう?

091019tiwan.jpg
(台湾の夜はまだまだ続く!)

|アジア