イスラエル旅行記① (ニコ)
2009年10月 4日 01:23
夏季休暇を利用し、イスラエルに行ってきました。
日本を昼に出発し同日の夜に到着。
夜中着なのでその日はテルアビブ市内のホテルにて就寝。

翌日、早朝から早速散歩に出ました

テルアビブは、1909年に出来た新しい都市。
各国の大使館、企業、劇場などがあり
政治、経済、文化の中心ともなっています。
地中海に面しているため温暖で過ごしやすく
リゾート地にもなっています。

泊まったホテルから海まで
歩いて10分程の距離だったので、まずは海へ!
091004-1.jpg

丁度、ユダヤ教の新年にあたる時期のせいか
休暇を過ごしているだろう人がちらほら。

091004-2.jpg


ユダヤ教では、毎週土曜日が安息日となっています。
ユダヤ人の生活は日没から始まり日没に終わるため、
金曜の夜から安息日が始まり、土曜の夕方に終わります。

安息日は、商店、バスなどの交通機関、
エレベーターまでもが止まってしまいます。
厳格な人は、電気のスイッチすらつけないとのことです


テルアビブは、新しい都市、
少しゆるいところがあるのか、
土曜日でも商店は開いていました。

翌日9/28は、年に1回のユダヤ教の大贖罪日。。。
27日の夕方から全ての商店が閉まり、交通機関が止まり、
人々は断食に入るそうです。

というわけで、残念ながら電車が止まる前に
テルアビブからエルサレムに移らないと行けないので、
この町をゆっくり見ることができませんでした


|中東