2009年2月アーカイブ

ソウルを走る地下鉄の名物のひとつといえるのが、
車内に突然乗り込んで来て威勢良く商品を売る、
物売りのおじさん、お兄さんだ。

移動する、テキヤさんみたいな感じ。

物売り.jpg

売られているのは音楽カセットや、マフラー、手袋、傘などなどの
どれか1種類ずつ。

私もソウルの街のあまりの寒さに、毛糸の手袋を1つ購入。
1ウォンだから70円くらいだったか。
なかなか良い買い物でした

というかこの写真、偶然だけど、
シートに座っている2人のお客さんが持っているのは、
ななんとユニクロの紙袋じゃないですか。
拡大して確認したので、間違いナシ。
やはり、ユニクロはソウルでも人気だったのだ。

柳井さんが長者番付日本一になるのも
さもありなん。

|アジア

現地人の暮らしぶりを知るには、
スーパーマーケットは外せないところです。
プラハでは、中心地にあるTESCOへ行ってみました。

tesco.jpg
1階は化粧品や日用品など、2階は衣料、
3階オモチャ・文房具類、4階は電化製品など、
一通り揃っています。
楽しかったのは、地下1階の食料品売り場
各フロアに比べて、一番人が多くて活気があります。

焼菓子.jpg
お菓子がカラフルでかわいいです。
体には悪そうですが・・・

s-ヨーグルト棚.jpg
このようなヨーグルトだけの陳列棚が2つもありました。
味や種類がとても豊富。

max.jpg
オススメしていただいたMAXのプレーンのもの。
日本にはない濃厚さです!

ヨーグルトもそうですが、乳製品が豊富でおいしい!
チーズも種類がたくさんあるのがうれしい!
日本で売られると高そうです。。。

vltavin.jpg
こちらもオススメいただいた、VLTAVINのチーズ。
あまりチェコ以外の国では見かけないものなんだそうですが、
クセになるおいしさです。日本でも売ってほしい

閉店近くは特にレジがすごく混みます。
それでもレジ打ちはマイペースな感じ。
日本ペースに慣れていると新鮮ですが、
このくらいゆったりしているところもチェコらしいと思いましたよ。

|ヨーロッパ

↓これはソウルのお洒落エリア、
江南の街にあるユニクロのお店。
ecos江南 012.jpg

ユニクロは韓国でも人気のよう!
地下鉄の駅にもこの通り、大きな広告が...

132.jpg

韓国の人達はなんだかんだいって、
日本の商品が心の底では大好きなのでは?
キャチコピーのJapan technologyの文字も、
日本の店舗よりも大きく目立っていた。

店内は撮影できなかったけどね。

|アジア

プラハ観光
2009年2月13日 09:46
見どころいっぱいのプラハですが
初日にまず訪れたのが、旧市街広場です。
こちらも写真で見たままの世界が・・・
見渡す限りの美しい建物だらけです。

ヤン・フス像.jpg
ヤン・フス像

ゴルツ・キンスキー.jpg
ゴルツ・キンスキー宮殿
ヤン・フス像に面したところにある、
綺麗なロココ様式の建物。
一部は美術館になっていて、
学校として利用されていたことも。
作家のカフカも通っていました。

ティーン教会.jpg
ティーン教会
夜はライトアップもきれい。
光線でメッセージが映し出される演出があったり
ロマンチックです。

旧市庁舎.jpg
旧市庁舎
中には礼拝堂があり、地元では結婚式場としても人気だそう。
いまでは広場全体がロマンチックな場所という印象だけど、
かつては敵の来襲などに備えた見張り台として
利用されていた歴史があります。

天文時計.jpg
天文時計
定時になると、人形が出てくるからくり時計。
からくり時計の人形というと賑やかな感じがしますが
出てくるのは死神や使徒など、神秘的で荘厳なイメージです。

聖ミクラーシュ.jpg
聖ミクラーシュ教会
シーズン中は室内楽やパイプオルガンのコンサートも
開かれるとのこと。
しかし、キーヨが行った1月下旬というのは
オフシーズン真っ只中ということもあり、
せっかく行った見所スポットやお店が閉まっていた、という
惜しい想いをすることもしばしば。。。

パリ通り.jpg
聖ミクラーシュ教会の向かって右側にあるパリ通りは、
カルティエやディオールといった一流ブランドショップが立ち並ぶ。

ブランド物といえば、日本人も大好きですが、
ここでは売れ筋が違うと聞きました。
日本ではわりと、一般人でもがんばって買える
数十万円~数百万円単位の定番モノがよく売れますが、
この通りにあるブランドショップでは、
日本では年に1点、2点売れるかどうかという、
桁違いな高級品ほど売れていくとのこと。

ロシア人っぽいモデル風美女も見かけました。
大きなサングラスが嫌味じゃない!
日本でよく聞く程度のセレブとは格が違いましょう

|ヨーロッパ

ソウルの南に、お洒落で新しい若者の街、漢江がある。

ここで気づいたのが、女の子二人で歩いている場合、
10組中10組が手をつないで歩いていることだ。
男女のカップルでも手をつないでいなかったりするのになのだ。
日本だとこれほどじゃないよね。
ほら、このとうり。

ecos江南 032.jpg
ecos江南 144.jpg
ecos江南 141.jpg
ecos江南 132.jpg
ecos江南 053.jpg
ecos江南 040.jpg
ecos江南 037.jpg

|アジア

チェコの伝統料理
2009年2月 8日 22:37
初めて行く場所では、やっぱり食事は大きな楽しみのひとつです。
今回訪れたチェコは、調べたときに初めて知ったのですが
ビールの消費量が世界一の国で、
街にはたくさんのビアホールがあります。

二匹の猫.jpg
猫好き者としては、この外観が気になりました
ビアホール「ウ・ドゥヴォ・コチェク」
(二匹の猫、という意味だそう)

ビールを造っているメーカーが経営するレストランも人気です。
ビールはもちろん、料理もおいしいところが多いのです。

ビールメーカー「STAROPRAMEN」が経営するレストランにて。
ここは、現地にお住まいの方に教えていただきました。
やっぱり、住人に聞くが一番!間違いなくおいしいお店でしたよ。

メニュー.jpg
メニューは英語も用意されていますが、
チェコ語もローマ字読みでなんとなく読めるところもあります。

ヴェプショ.jpg
定番メニュー「ヴェプショ・ウネドロ・ゼロ」
チェコへ来たなら、食べなければ!と思っていた念願の一品。
こちらのクネドリーキ(添付けの蒸しパン)は
ジャガイモ粉でつくられたもの。

スヴィーチコヴァ-...jpg
こちらも定番「スヴィーチコヴァー」
ビーフのクリームソース煮で
ベリーソースがかかっているのですが、
これが意外と!すごく合うのです。
クネドリーキは小麦粉のもの。
食感がしっとり、フカフカです。

デザート.jpg
チェコならではのスウィーツのひとつ「バーボフカ」
素朴なマーブルスポンジケージです。
ここのお店のはサイズが小さめなので、
デザートにちょうどよかった
お店それぞれの味があって、
いろんなところで食べてみたくなります。

|ヨーロッパ

これは正式な出版なのか、
それともパクリ(海賊版)か?

089.jpg

韓国はB型が多いと聞いたことがあるけど、
売れているのだろうかね?

|アジア