2009年11月アーカイブ

ついさっき... (ニコ)
2009年11月29日 14:19
携帯水没させました...自宅トイレで

すぐに救出して、ティッシュ+タオルで水気を取り、
ドライヤーで乾かしましたが。

以前友人も水没させたことがあり、
絶対に電源、ボタンは押しちゃだめだということを
聞いていたので、それはしてませんが、
電池パックの裏側やら、ICチップまで濡れていたのですが

復活しますかねぇ...(泣)

とりあえず夜まで放っておくことにします。

クリスマスリーフを作ったので
そのことをアップしようと思ってたのですが、
その写真も携帯の中...。

復活をいのるばかりです

|つぶやき

紅葉
2009年11月29日 04:54
高尾山へ行ってまいりました
2~3年前の秋にも行ったのですが、
その時には紅葉にはまだ早くて・・・
今年こそ紅葉を楽しむぞ
と意気込んで行きました。

高尾山口の駅に到着したのが
すでに15時近くだったため、
取り急ぎ、日本一勾配が急だと言うケーブルカーを利用

席が空いていなかったので、
立っていたのですが、
さすが日本一の勾配。
尻もちをつかないように体を支えるのに必死でした。
でもそのおかげで一番先頭の景色を堪能
GetAttachment-1.aspx.jpeg

山頂には見事に赤く染まった紅葉が・・・
GetAttachment.aspx.jpeg

黄色く染まった葉ももちろんキレイだと思うのですが、
真っ赤な葉は、より貴重に思えて、
頑張って登って良かったと思える景色でした

|景色

11月ももうすぐ終わりですね。
今日は暖かかったですが、
冬でも妙においしく感じるアイスクリーム
しかも、
クリスマスバージョン(サーティーワン)で

ひさびさだったので、
なんだかサーティーワンに対する
勝手なイメージ、10代女子っぽさがヘンに懐かしい?
感じがいたしましたよ。

31.jpg
メインのアイスよりも、
人型のクッキーに惹かれました

先週に続き、夏よりもアイスクリームを
食べている気がするこの頃...

|スイーツ |

この連休、初日は淡路島へ行っておりました。
今までの記憶で勝手に行ったことがあるような
気になっていたのですが、今回が初めてでした。

明石海峡大橋.jpg
前に行ったつもりだったのは瀬戸大橋で、
明石海峡大橋は初めて。
天気が良かったので眺めも良く、ラッキーでした。

到着して、まずやることと言えば、
毎度お馴染みスイーツを食べる
淡路島へ入ってすぐある大きなSAで
1番人気らしいという塩ソフトクリーム。
塩スイーツ人気、まだまだ続きますね。
最近醤油スイーツというものも出てきたらしいですが。。。

塩ソフト.jpg

アイスは塩がきいていて、甘さ控えめ、
でもトッピングされている小豆の甘さを引き立てています。
おぜんざいと同じ原理ですね。
もちろん、おいしかったです

ついでに、兵庫県でもあまり明石方面へ行く
機会がなかったので、明石焼きを食べ。

明石焼き.jpg

だしと卵の生地が、やさし~いお味です。
風が強かったので、温かさが染みました。。。
今の季節にぴったな食べ物だと思いました

|スイーツ |

通勤電車に揺られる約40分、
帰りも含めると80分間が最近楽しみで仕方がないのです。

楽しみのもとは、
うちの本棚に眠っていた一冊の本。

藤沢周平の「孤剣」
以前読もうと思って買っておいたけれど、
何となく読む気が失せてしまい
しばらく寝かせていました。

久々に本棚を整理していたときに
見つけ、読み始めました。

初めは、昔の言い回しやらに
少し読みづらさを感じましたが、
話に入っていくうちにページが進む進む。

しかも、
主人公の浪人がまたかっこいいのです
あまりものを語らず、渋くて、強くて、
そして時よりみせる男らしさ。。。

どっぷりはまってます。
電車に乗ってから本を開いて
主人公に会うのが楽しみ。。。

「孤剣」は実はシリーズの2作目だというのを
読み終わってから気づきました
今は1作目を読んでます~

|つぶやき

大冒険!?
2009年11月15日 19:44
家の近くのスーパーに行こうと思って、
エコバックを手に、ふらっと出かけたところ、
近所の家の玄関が気になりました

玄関の外灯とか、門とか、郵便受けとか、
これまであまり気にした事なかったけど、
色んなタイプがあるんですね。

面白くなって、そのまま家を見ながら
どんどん歩き出しました。

小さい頃から、町並みを見るのは好きで、
車や電車から見える家を見ては
「ここで暮らしたらこんな感じかしら・・・」
と妄想してわくわくしていたことを
思い出しながら・・・

わくわく、わくわく



わくわく



気付いたら全く知らない場所に来てました
慌てて来た道を引き返し、
見慣れた場所まで戻るハメに。

そんなに遠くまでは来てないのに、
住んでる町で迷子になりかけるとは

日頃、いかに家から駅までしか歩いていなくて、
何も知らなかったことを痛感しました。

|つぶやき

昨日は本当に久しぶりのサッカー観戦へ。
このところ絶不調の浦和レッズ vs.
ヤマザキナビスコカップで優勝し、
波に乗るFC東京戦だ。
とはいえFC東京は過去5戦に渡って、
浦和に勝っていないので、面白い
展開になるかと思っていたら、
案の上、1-0で浦和が久しぶりの勝利に!

news_5266_1.jpg

訳あってFC東京サイドで観戦していたため、
今回は浦和の応援はできなかったのだが、
終了真近に浦和のサポーターサイドに駆けつけ、
喜びを分かち合った。

これが、やっぱりなかなかいいものなのだ。
レッズサポは相変わらず熱い!

残り3試合だが、またまた通いたくなった。

|つぶやき

和の心
2009年11月 9日 01:15
すごーく久しぶりに、お茶会に出席してきました!
和菓子を食べながら、
お抹茶をいただく、お茶会です。

私はほんの1年程度しかお稽古をしていないのですが、
お茶の動作ひとつひとつに意味があって、
奥深いものです。

「にじり口」というのをご存知でしょうか?
images.jpeg
お客様がお茶室に入るための入り口ですが、
腰を屈めないと絶対に入れなくて、
どうしてこんな面倒なことをさせるんだろうと
不思議に思っていました。

これにもちゃんと意味があって、
「どんなに偉い人でも、腰を低くくして
 頭を下げないと入れないように」
わざわざ小さい入り口になっているんだそうです。

こういった心を鎮めて謙虚になれる場所、時間に
時々は来たいなあと
改めて思いました。

|つぶやき

村井正誠記念美術館に行ってきました。
村井正誠とは、戦前から活躍し、1999年に93歳でなくなった洋画家です。
抽象的な表現で、絵画、陶器、彫刻などを制作していました。

この記念館は、村井正誠氏のアトリエ兼住まいがあった場所に建てられています。
しかし、ただの美術館じゃありません。
もともとあった村井氏のアトリエスペースのみを丸ごと保存し、
そのアトリエを包み込むように「建て増し」した、不思議な建物です。

建てたのは、有名建築家の隈研吾氏。
シンプルな「箱」でありながら、入り口の壁一面は大きなガラスをしつらえるなど、モダンな建物です。

gaikan.jpg
美術館入り口。
開口部は大きなガラスを使用。


gaiheki.jpg
外壁には、以前の住まいに使われていた板が
縦に等間隔に張り巡らされています。


室内の白い壁面に飾られた抽象画と、大きなガラスの向こうに広がる雑多な緑。室内を見ていても、窓の外を見ていても、時間がゆっくりと流れ、癒される空間でした

アートと建築、両方を楽しめます。
ご興味のある方は、ぜひ。

村井正誠記念美術館
住所  世田谷区中町1-6-12
    東急大井町線「等々力」駅徒歩2分
開館日 3月~11月の毎週金曜・日曜のみ開館
    ※完全予約制。2週間前に往復はがきで申し込みが必要。

|つぶやき

まさに... (ニコ)
2009年11月 8日 23:07
観ちゃいました、「This Is It」。

もともとマイケル・ジャクソンのファンでもないのですが、
彼が亡くなってからTVで流れる曲や映像を観てると
やはり惹かれるものはあるし、気になっていたのです。

よかったぁ...

初めは、この映画を公開するのは
キャンセルになった公演の埋め合わせの
お金稼ぎのためだと思ってたのですが、
観た後、そう思っていた自分が恥ずかしくなりました

バックダンサーのオーディションに受かり
喜びと興奮に包まれているダンサーたち。

舞台を作り上げるスタッフ。

そしてマイケルの強いこだわりと完璧なダンス+歌。

ただのエンターテイメントだけではなく、
世界に伝えたいメッセージのために、
ひとつの舞台を妥協せず、大切に、
そして楽しく作り上げるそのみんなの思い。

マイケルは亡くなってしまったけど、
彼が伝えたかったその思いを
伝えようとしているんだと感じました。

マイケル、ちゃんと伝わりました。。。

|つぶやき

ビバ!日本のお菓子たち
2009年11月 5日 17:06
先日行った英会話で、
ネイティブの方とお話して改めて気づかされた
日本のスバラシさ、というものがあります。
それは日本のお菓子

キーヨがついた席にいた
ハタチの黒人の女の子(fromニューヨーク)は
ポッキーがおいしいあれは日本ならではのもの、
と言っていたので、そおいえば!と思ったのです。

確かに、ポッキーって外国産はないですよね?
プレッツェルとチョコレートは
どっちも洋菓子は洋菓子、だから気づかなかったけど
調べてみると江崎グリコの発明品とのこと。

初めは「てくてく歩きながら食べるチョコスナック」
から『チョコテック』という名前だったそうです。

森永、明治、ブルボン、グリコ、
ロッテ、コイケヤ、、、など
どれも日本が誇る菓子メーカーたち。

味はもちろん、アイディアや工夫など、
どこをとっても世界トップレベルのクオリティでは
ないでしょうか。

海外でお土産屋を見ても、手軽なお菓子って
選ぶのに結構悩むことが多いように感じます。
味もイチかバチか、みたいなものもあったりするので。

そう考えると日本菓子でハズレることは、
あまりないのでは、と思いました。
日本菓子のスバラシさを、
グリコのプリッツを食べながら
ヒシヒシと感じてしまいました。

|つぶやき

もう日付では11月なので
遅ればせながらですが、
友人がハローウィンに毎年欠かさない
お菓子があるというので一緒に買ってみました。

s-P1010898.jpg
神戸屋キッチンのハロウィン限定クッキー

パンプキンペーストがはさんであって、
クッキーも手作り独特のしっとり生地がおいしい。
そして見た目もかわいい

期間限定なのが残念・・・
しかも今日で終わり。

友達は昔神戸屋キッチンでバイトしていたというので、
だから知っていたのね
おいしいのはパンだけじゃなくて、
特にお菓子はこのクッキーが一番!とのこと。

たしかに、テンションあがるおいしさです
来年も買いたい
みなさまも覚えてたら買ってみて

キーヨは恵比寿アトレで購入。
都内では成城学園や自由が丘にもあります。
調べたらほかにもありそう?かな
楽しみが増えますよ

|スイーツ |

カレンダー

<    2009年11月    >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp
宿泊予約 宿ぷらざ