ヒロミンの最近のブログ記事


 今朝方16日のNYダウは、2万2956ドルと、史上最高値を

更新し、2万3000円台目前の状況です。日経平均も2万1000円台を

回復、年初来高値を更新し続けていますね。

 さあて、世界的な金融緩和による金余り状態で、このチキンレースは

どこまで続くのか?  恐ろしい状況です。

 インドやアフリカ、米国の株価については、長期的には買いだと

思っているので、早く仕込みたいと思っているのですが、このチキンレースが

一旦終わらない限り、買うに買えない状況です。

 ドル円相場は112円14銭付近を推移。株高に対して、為替はほとんど

動いていない状況です。早く新しい局面を見たいですね。


|ETF


 昨日行なわれた、カタルーニャの独立を問う、国民投票。

約9割の人々が独立に賛成という予想通りの結果になったわけですが、

これを違憲とするスペイン政府の行動がすごいですね。

IMG_5156.JPG

IMG_5164.JPG


警官隊が投票所のガラスをぶち割って侵入し、投票を妨害

したり、投票にいこうとする市民に暴行を加えたり、これでは

民主主義国と言われる体制も、独裁国家の中国とほとんど

何も変わらないですよね。


 カタルーニャ以外にも、先週はイラクのクルド自治区でも、

独立を問う投票がありましたし、EU離脱を進めるイギリスでは、

スコットランドが再び独立の機運を高めています。

 かつてのユーゴスラビアのように、これから世界中のさままざまな

エリアで、独立をめぐる血で血を洗う争いが始まるのでしょうか。

いやな予感です。

 
 さて、ドル円は現在、112円86銭と,先週に比べ少しだけ

ドル高が進んでいますが、基本は膠着状態が続いています。

どちらか一方後へ動き出すのは、いつになるなのか?

ジりジリしますね。




|ETF


 昨日行なわれたドイツ連邦議会選挙は、メルケルさん率いる

与党、キリスト教民主・社会同盟が第1党を維持したものの、

大幅に議席を減らし、かわりに難民の受け入れに反対する

極右派政党、ドイツのための選択肢が躍進し、初議席を獲得しましたね。

IMG_5070.JPG

IMG_5065.JPG

 メルケルさんの圧勝なのかと思っていたのですが、

やはり難民問題にともなう極右勢力の台頭は根深くくすぶっていますね。


 これを受けて、ユーロドルはどかんと下げて、現在は1.1929付近を推移。

ドル円もは、112円45銭とこちらもドル高が進んでいます。

 本日は安倍さんが正式に解散総選挙を発表するようですし、

ドル高がさらに進むことになるのでしょうか?

ドルの買い場を探しているのですが、なかなかやってきませんね。




|ETF


 ドル円相場は、先週の頭から上昇基調を続け、

現在は111円64銭付近を推移。先週より2円以上も

ドル高円安になりました。また、北朝鮮問題が終結したわけでも

なんでもないのですが、なぜかNYダウは過去最高値を連日更新し、

日経平均は2万円を回復しました。

 よくわからない相場ですが、世論は一旦、世界は落ち着きを

取り戻したと考えているのでしょうか?不思議です。




 

|ETF


 つい先程の日本時間の朝7時過ぎに国連による

北朝鮮に対する制裁決議が採択されましたね。

とはいえ、その中身といえば、原油を完全に止めるという案は、

取り除かれて、事実上、現状維持と言える、骨抜き制裁となりました。

IMG_4908.JPG

IMG_4921.JPG

 まあ、トランプさんも本音では、戦争なんかしたくないし、

完全に腰が引けていますよね。台風の被害も尋常じゃないし、

「今はそれどころじゃないんだよ」というのが本音じゃないでしょうか。


 これで、北朝鮮は完全に核保有国として地位を着々と固めるでしょうし、

ICBMはいずれ近いうちにアメリカにも届く力を持つでしょう。

で、そうしたなかで、日本が今さらながら、大騒ぎしているのは

本当はおかしな話しです。

 なぜなら、日本に関してはもう何年も前に核の射程距離に

入っているからです。現状、今の日本に北朝鮮に対してできることは

何もないということなのです。

 さて、これを受けて、一旦安心感が広がり、ドルが買い戻されて、

現在は1ドル109円45銭付近を推移しています。しかし、年初来から

一貫して続いているドル安、円高トレンドは今後も変わらないでしょう。

どこまで下がるか注目です。


|ETF


 北朝鮮は昨日、ICBM搭載用の水爆核爆弾の実験に

成功したと、発表しましたね。欧米メディアの報道によると、

従来型の核爆弾の約4倍の威力を誇るものだそうです。

IMG_4832.JPG

これを受けて、トランプさんは、ツイッターでしきりに、

非難の言葉をつぶやいていますが、もはや負け犬の遠吠えにしか、

聞こえなくなったのは、北朝鮮がすでに核保有国として、

万全の地位を築いた証拠でしょう。核保有国になってしまった、

からにはもはや、米国から先制攻撃するという選択肢はもはやなく、

今後は話し合いや交渉で北朝鮮と共存していくより

なくなったということです。その意味ではキム・ジョンウンの

大勝利と、言っていいのではないでしょうか。

IMG_4835.JPG

さて、こうした状況に対し、いまだに米国は中国による北朝鮮への

制裁強化を求めているとは、なんて愚かなのでしょう。

中国は裏では北朝鮮の核開発をロシアとともにサポートしているに

違いないからです。いずれにしても、北朝鮮の国際社会での地位は

一段階高まったということは認めなくちゃいけないでしょう。時遅しです。


 さて、こうした状況では当然、ドル安円高が進み、現在は109円76銭

近辺を推移。先週末より1円以上、円高にふれています。

北朝鮮問題はこれからもまだまだ続くでしょうが、一段回新しい

ステージに入ったのだと感じますね。






|ETF |インド株


 日本経済新聞社の世論調査によると、

安倍内閣の支持率は4Pアップし、逆に不支持率は

3Pダウンして、いずれも46%になったのだとか。

IMG_4756.JPG


いやはや、森友問題も加計学園問題も、元TBSの強姦問題も

何一つ解決されることなく、逃げ回っているだけなのに、

国会が閉じて、マスコミ報道が減った途端にこの有様ですか。

本当に日本人って能天気だよなあ、と思ってしまいます。

もうすっかり忘れてしまったのでしょう。流石です。

 同じように小池人気も9月に入って、秋になればもう過去の

ものとなるでしょう。若狭さんが、民進党を飛び出た、細野さんや、

長島さんたちと連携して、新党をつくるようですが、まあ人気は

出ないでしょうね。もうブームは去るのですから......

  そんな状況下でまたまた安倍ちゃんの人気復活なんてことに

なったら目もあてられません。いったいこの国はどうなってしまったのやら。


さて、ドル円相場は現在、109円17銭付近を推移、あいかわらず

上にも下にも動きません。9月になたら勢いよく動いてほしいものです。










|ETF


昨日から米韓合同軍事演習が始まっていますね。

北朝鮮はこれに対して確かに反発を強めており、

次々に米韓を批判するコメントを出しています。

しかし、グアムに向けてのICBMの発射といた、

具体的な行動はどうやらななそうですね。

IMG_4643.JPGのサムネール画像


IMG_4642.JPG

それもそのはず、ようやく中国が思い腰を上げて、

北朝鮮からの輸入を凍結したからです。

要は北朝鮮問題というのは、完全に中国の

コントロール化に入ったということです。

軍事的にも、世界は米国ではなく、中国主導の時代に

なろうとしているのです。時代はどんどん進んでいますね。


さて、こうした動きも影響して、ドル円はジリジリと円高が

進んでいます。現在は109円24銭と、おやおや少しドル高に

戻していましたが、まあ、108円から107円台にこれから

進むのではないでしょうか。

注目です。

|ETF


ベネズエラでは、大統領のマドゥーロ氏が、

権限強化を定めた新憲法の強行投票を実施して、

反発を招いていますね。しかもその選挙結果は、

不正が疑われています。

IMG_4466.JPG


トルコのエルドアンさんといい、中国の習近平さんといい、

最近はなんだか世界中で独裁者流行り。イスラエルの

ネタネヤフさんもそんな1人で、現在汚職疑惑が吹き出しています。

IMG_4468.JPG

そういえば、我が国の首相もまったくこの流れに合致しています。

なんだ、加計問題も、森友問題も時代のトレンドだったんですね。

納得!

さて、ドル円相場は、110円75銭近辺を推移。じりじりと

円高に傾いています。このままじりじり108円台まで下げたら、

久しぶりにアクションを起こしたいなと考えています。


|ETF


北朝鮮が28日の深夜に大陸間弾道ミサイル(ICBM)を

打ち上げたことで、流石に有事の危機が迫ってきていますね。

BBC.jpg

トランプは、期待していた中国に失望したとツイートし、

これからは断固として米国自らの力で北朝鮮を制裁すると、

言っています。

TWITTER.jpg


さて今週、トランプさんは北に対して何を始めるか、

それともまた口だけで何も出来ないのか?

いよいよ大詰めです。

そういうわけで、ドル円相場は週末にかけてドル安が進み、

現在は110円53銭付近を推移。ただ先週のこの時間に比べると、

それもどは動いてないんですね。

今週は北朝鮮問題次第では、大きく円高に動くかもしれません。

目が離せません。

|ETF

カレンダー

<    2017年10月   
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

マネーリンク

月別アーカイブ