ガツの最近のブログ記事


ドル/円は107円ミドル近辺で推移しています。

先週は106~107円台のレンジ相場でしたが、
週末にアメリカがシリアへの空爆宣言を行い、
今週は窓をあけて下落するか、と思いきや
むしろ少し上昇して始まりました。

よくわからない相場が続いており、
売ることも買うことも難しい相場です。

ゴールデンウイークがあけるまで、
このようなダラダラした相場が続くかもしれません。

|FX


先週からドル/円はレンジ相場に入ったと思います。
週足で見ると、とりあえず下落トレンドは終わった、という感じがします。

年初の113円から3月末には104円台後半まで下落しましたが、
先週の107円50銭近くまでの反発によりできた週足が、
年初からの下落相場のトレンドラインを上にブレイクしたように思えます。

先週書いた予想のように、ジワジワ下落する感じでもないかもしれません。

ゆくゆく下落するとは思いますが、
いつ下落するかはわからないので、今のドル/円相場で取引するなら
ポジションを軽くして、とりあえず売っておく、というイメージです。
前のめりに突っ込んで取引できるほど、相場状況はクリアではありません。

|FX


先週のドル/円は104円台からスタートしましたが、
今は106円前半まで反発しています。

104円台突入後に、ドル/円に限らず、
ユーロ/円などでも、新規の売りが発生して、
その買い戻しによる上昇だと思います。

ドル/円の3月の月足が先週末に完成しましたが、
かたちは「下落一辺倒」になるものではないと思います。

4月中に105円を割れることもあるかもしれませんが、
結局反発して、105を中心としたレンジ相場に落ち着くでしょう。

2014年6月から2015年3月までにユーロ/ドルが3000pipsほど
下落しましたが、今回のドル/円はそのときのようなゆっくりした下落になる
とイメージしています。

ユーロ/ドルの下落では、少しずつ利食いをしながら、
取引するほうが効率よく稼げたので、ドル/円もそのように
取引しようか検討します。

|FX


ドル/円は節目となる105円を割って、
週を超えました。

次は103円くらいを目指し、段階的に100円を目指す展開になると思います。

2016年は110円を割ってから、政府・日銀による口先介入などで
反発を見せながらも、反発分の倍は下落する、という展開だったと思います。

あのころのような2~3円上昇して、3~4円下落する、
という相場ではなく、今回はジリジリと下がっていくような相場をイメージしています。

節目となる105円を割れても、大して走らなかったことが根拠です。
それほどロングは溜まっていないのかもしれません。

トランプ大統領による貿易戦争、アメリカの株式下落など
円高要因と思われる要素がふんだんに出現していることから、
突っ込んで売るような連中も多く出てくるでしょう。

皆が「売り」を意識しやすい地合いも、
一気に下がることをイメージできない要因です。

|FX


先週のドル/円も105~107円での推移となりました。

上がる理由はないものの、下がりきるパワーも相場にはないため、
どっちつかずの展開となっています。

今週はFOMCがあり、利上げに積極的な発言がでれば、
ドル/円は上がる局面もあるでしょう。

「利上げ=ドル高」という考えは、今の相場には通用しないと思うので、
上げがあったとしても一時的と思えます。

下がるにせよ、上がるにせよ、しっかりとした根拠がないかぎり、
前のめりに攻めることができない相場です。

|FX


先週のドル/円は105円台をうろうろしたあと、
週末には106円台後半まで反発しました。

依然として下落しやすい状況ではあると思うので、
反発は一時的な上昇と考えます。

しかし、105円を突破して下落しないことには、
105~108円のレンジ相場が続きそうです。

円高になりやすい3月中に、105円を突破できないようであれば、
一旦ポジションは閉じたほうが無難かもしれません。

|FX


ドル/円の上昇力はほぼありません。

107円台まで上昇することはありましたが、
先週末には105円台に逆戻り。

105円は心理的節目としても、意識されそうで、
下に突破するには少し時間がかかるかもしれません。

ドル/円が105円に下落する中、ユーロ/ドルは高値1.25まで届かず、
ドル安の勢いが少し収まったように思えるのに、
ドル/円がズルズル下がるということは、
ドル/円単独で、下落の勢いを持っているのでしょう。

105円割れは近いかもしれません。


ドル/円は2月16日に105円台へ下落し、
先週になると、少し反発して106~107円台で推移。
上昇の力は少ないですが、下落のパワーもイマイチでした。

シカゴIMMの数値は20日時点で円売りがまだ多い状況なので、
下落する余地はある、と考えられるものの、
105円が割れるまでは突っ込んで売るのは避けたほうが無難、
といったところでしょう。

3月は日本の決算時期で、レパトリが多くなる時期でもあります。
105円を週足の実体でしっかり下回れば、
新しいステージへ展開しそうです。

|FX


ドル/円は105円台まで突入しました。

今は106円台まで反発していますが、
1年前に107円に一瞬下落した時とは異なり、
長く底値圏が続いています。

ユーロ/ドルも上昇トレンドが強いので、
ドル/円とユーロ/ドルのストレート通貨で、
綺麗にドル安が続いています。

まだまだ下落する余地はあると思います。


|FX


先週のドル/円も円高が続きました。

先々週末の米国の株価下落を受けて、
週初ドル/円は108円前半まで下落。

木曜日に再度NYダウが1000円安になると、
ドル/円は108円割れを目指そうとしますが、
108円04銭ほどで止められ、50銭近辺まで反発。

現在は108円70銭ほどで推移しています。

去年何度も止められた108円近辺で
何かしらの買い勢がいるように思えます。

この買い勢がいる限り、108~109円近辺で新規に売るのは
控えたほうがいいでしょう。
108円を割り切れなかったら、一気に反発する可能性が高くなるためです。

ドル安ムードが強かったのに、ユーロ/ドルが下落していることも気になります。

株高・ドル安の簡単な相場ではなくなったので、
今は少し様子を見たほうが良さそうです。

|FX

カレンダー

<    2018年4月   
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

マネーリンク

月別アーカイブ