日曜日に、米軍によるISリーダー殺害の報道があったものの、ドル/円には特に反応はありませんでした。現在ドル/円は108.75円程度、先週とあまり変わらずです。

今週は30日にFOMC、31日に日銀政策決定会合、1日に米雇用統計(10月)と、重要指標が集中しています。まずはFOMCの結果が出るまで、為替はあまり値動きが期待できそうにありません。

 動きが出るまで、無理せずのんびり待機ですね。

|FX

カレンダー

<    2019年10月    >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

マネーリンク

月別アーカイブ