先週はドル/円が一時108円台まで下落する場面もありました。

原因はイタリアの政局不安です。今はマーケットも落ち着いていますが、
スペインの方でも政権交代が起きるなど、EUは慌ただしい感じです。

ファンダメンタルによる相場変動が今週も起きるかもしれないので、
中長期でのポジション保有は危ないと思います。

トランプ大統領の輸入施策についても、各国から反発を買っており、
こちらも目が離せません。
先週同様、ユーロ・ドル・円の強弱が目まぐるしく変化しそうです。

とりあえずユーロ/ドル⇒ユーロ/円⇒ドル/円という
順番で通貨ペアの動向をチェックしようと思います。

|FX

カレンダー

<    2018年6月   
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

マネーリンク

月別アーカイブ