ドル/円は113円50銭台まで上昇しました。
少し好調だった米国雇用統計の影響もあるでしょう。

今週の注目はFOMCです。
ほぼ既定路線で、米国は利上げする、というムードになっておりますが、
どうなるでしょうか。

米国の利上げはほぼ確実でも、マーケットにはすでに織り込まれているので、
FOMCをきっかけに115円を超すような上昇トレンドを作る、
ということはあまりイメージできません。

「噂で買って、事実で売る」という相場の格言のように、
投機筋が保有していたポジションを決済するきっかけに使う、
という可能性もあります。

米国の減税策、日本の機関投資家の買い支え、などの要因により、
なんとか110円台を維持している、というイメージが強いドル/円は、
一旦決済の流れが出ると、支えられず崩壊していきそうに思えます。

日本時間の13日(水)深夜に答えがわかります。

|FX

カレンダー

<    2017年12月   
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

マネーリンク

月別アーカイブ