先週金曜日は米7-9月期GDP発表があり、市場予想を上回ったことで
ドル円は一時114.40円台まで上昇しました。
しかし、トランプ大統領が次期FRB議長指名でパウエルFRB理事を有力視している
というニュースと、スペイン議会がカタルーニャの自治権停止を決議したという
ニュースを受けて、113.60円台まで下落。
週明けはやや円安という感じですが、114円台はなかなか上値が重そうです。
一方、下も112円台では買いも厚そうで、今週も狭いレンジで動きそうな気配。
29円台まで下落していたトルコリラ円は30円台に復活しました。

シストレ24は、その後もポンド円売りをしかけ、すべて損切りに終わりました。
現在はドルカナダの買いポジションを複数持っています。
資産は571390円まで下落...

<PR>
為替一筋30年!伝説の為替ディーラー・水上紀行氏がメールマガジン配信をスタート。
最新の相場分析および水上氏が具体的にどういうポジションをとっているか、
インターバンク情報など実戦的な内容になっていますので、
興味のある方はぜひチェックしてみてください。

|FX |シストレ

カレンダー

<    2017年10月    >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

マネーリンク

月別アーカイブ