今朝のモーサテに出演していた堀古さんが、

米国株の長期上昇トレンドはむしろこれからが本番、

という興味深い話をしていましたね。

IMG_4323.JPG

IMG_4325.JPG

この見方の背景にあるのが、人口動態だそうです。

どんな国も最も人口の多い世代が40台を迎えるころに、

経済は最長期を迎えるというもの。日本については

バブル期がまさにそんな時期でした。

ところが米国の場合、ミレミアム世代と呼ばれる、

最も人口の多い世代がまだ25歳くらいなんですね。

というわけで米国株は今後15年後を見据えて、

ぐいぐい伸びていくという予測です。

う~ん、結構説得力があるじゃないですか。

さて、ドル円相場は、ずいぶんと円高に戻ってきていて、

現在は110円92銭と111円台をついに割りましたね。

もう一声下がってもらい、久しぶりにどこかでドルを買って、

米国株に投資したいですね。






|ETF

カレンダー

<    2017年7月   
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

マネーリンク

月別アーカイブ