先週からドル/円の下落が始まりました。
110円を割り、本日朝の時点では、108円台の前半まで下落しています。

地政学的リスクの影響はあるのでしょうが、円を買うというよりも
ドルロングを解消している、という印象を受けます。

急激にドスンと下落しているわけではないので、
大口の投資家のドルロング解消(ロスカット)はまだ少ないと思います。

そう考えると、まだ投機筋が多いマーケットなのか?とも考えてしまいます。

つまり、焦ってドル/円の売りを一気に仕掛けても、
投機筋が大半のマーケットなら、相場は反発してしまいます。

火曜日からイースター休暇明けの欧州勢が戻ってくるため、
彼らの動向を見てからのポジション取りでも問題ないと思います。

もし下落が明日以降も続くなら、ターゲットは106円と見ています。

|FX

カレンダー

<    2017年4月   
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マネーリンク

月別アーカイブ