2015年7月アーカイブ

 商品相場の下落が止まりませんね。

THE WALL STREET JOURNAL(下記)によれば、

銅は6年ぶり、金は5年ぶり、原油はあれ、何年ぶりだっけかな?

いずれも低い水準にまで低迷している状況です。

私も実はいいときの金を保有しているので、大きな痛手です。icon:kao-a09

IMG_3518.JPG


IMG_3514.JPG

その原因はいろいろとあるのでしょうが、

中国経済の低迷が一番大きいのでしょうかね。

為替は先週よりも少し円高に振れて、

現在123円68-69銭を推移。

株式はベトナムを除いて少し下げました。


インド   20.00  HKD   マイナス

ブラジル   26.10  HKD  マイナス

ベトナム 214.10 HKD  プラス

結果、香港ドルベースでは、20万ポイントを割り込みましたが、

円ベースでかろうじて1400万円台をキープしました。



ブログランキング・にほんブログ村へ


《今週の収支》2015年7月27日10時20分時点 


香港ドルベース          
 198,199.88HKD

                       (7月21日より-4,415HKD)

    円ベース           14,050,895円

            (7月21日より-337,268円)


|ETF |インド株 |ブラジル株 |ベトナム株

先週のトルコリラ/円は、これまで上がった分だけ下がる展開でした。
原因はトルコ軍が24日に自爆テロへの報復として初めてISIS(イスラム国)の拠点を空爆、
今後のトルコの治安と経済への影響が不安視され、トルコへの売りが殺到した模様です。

45円、44円台でセットしていたトルコリラ/円の指値買い注文がつぎつぎと成立し、
現在は5万通貨保有しています。
どこまでトルコリラが下がるか不安もありますが、レバレッジをできるだけ抑えて、
じっくり長期保有したいと思います。


<PR>
為替一筋30年!伝説の為替ディーラー・水上紀行氏がメールマガジン配信をスタート。
最新の相場分析および水上氏が具体的にどういうポジションをっているか、
インターバンク情報など実戦的な内容になっていますので、
興味のある方はぜひチェックしてみてください。

|FX |トルコリラ


先週、iシェアーズのグローバルヘルスケアETFは、高値更新中ということもあり、
いよいよ1株=114ドル台に行くかどうか、と楽しみにしていたのですが、
金曜日に2ドルほど急落icon:cursor_down1

現在1株=110ドル台になっております。

アメリカの新築住宅販売戸数が市場の予想を大幅に下回ったので、その影響でしょう。
NYダウも下がっていますね。

短期の揺り戻し、と信じて再びの上昇を期待したいところですicon:face_mistake

icon:watermelon現在の資産 338,761
内、海外ETF 27,397円(1株=89.94ドルで購入)
※308,166円からスタート。1ドル=123.69円で計算。

|ETF


EUR/USDとUSD/JPYのドル高は一旦止まりそうな感じです。

日足で各通貨を見てみると、EUR/USDは売り過ぎで下値が固くなり、
USD/JPYは上昇の勢いがなく重くなっています。

夏休みシーズンも近づいていることで、
一方向に動くような相場になるほどエネルギーがないのでしょう。

9月のレーバーデーまでは揉みあいのレンジ相場、
と決めてかかったほうが良さそうです。

こういった相場の時は、政治的ニュースなどでも
相場が上下に振れてしまうので、健康的に取引できる相場ではありません。

原油や金の商品価格も不可思議な動きをしているようなので、
今後どのように動くのか注意しておこうと思います。




|FX


このブログでギリシャ問題、いよいよ最終局!?

と書いたのが約ひと月前の6月22日でした。

いやあー、最終局面のわりには1カ月は長かったですね。icon:face_shout


とはいえ、終結となるとなんだか寂しいものです。

「なんだ、結局元の鞘にもどっちゃうんかい?」

これは真夏の世の悪夢」という名の

新しいギリシャ神話を見せられているようで面白かったのになあicon:kao-a02

IMG_3455.JPG

3週間ぶりですか、銀行も再開です。

でもこれでギリシャ旅行が今年がブームに

なるんじゃないですか?

今年のヒット番付入りは間違いないでしょう!


さてギリシャ問題の一応の終結を受けて、ドル円は急騰!

現在124円33銭と先週より2円近くもドル高に振れました。

さらに株式は珍しく3者揃って反発です.......


インド   20.05 HKD   プラス

ブラジル   27.25   HKD  プラス

ベトナム 211.80 HKD  プラス

結果、円ベースで初めて?1400万円台のプラスに......icon:kao-a02.




ブログランキング・にほんブログ村へ


《今週の収支》2015年7月21日10時10分時点 


香港ドルベース          
 202,614.88HKD

                       (7月13日より+26,430HKD)

    円ベース           14,388,163円

            (7月13日より+1,110,988円)


|ETF |インド株 |ブラジル株 |ベトナム株


ギリシャ問題に進展が合ったおかげで、
先週、NYダウは再び右肩上がりになりました。

おかげで、連動した値動きをするiシェアーズのグローバルヘルスケアETFも右肩上がりicon:cursor_up1となり、
1株=113ドル台後半まで更新。円安も進みました。

うまくいけば、今週中に114ドル台に行くのでは?という期待をする半面、
ギリシャ問題がこのまま順調に収束するとも思えず・・・
楽観視せずに、動向を見守りたいところです。

icon:watermelon現在の資産 340,199
内、海外ETF 28,276円(1株=89.94ドルで購入)
※308,166円からスタート。1ドル=124.36円で計算。

|ETF

トルコリラ/円が46.90円代まで上昇。
かなり利益が乗ってきたため、いったんポジションを決済しました。
本当は長期で持っていたかったのですが、トルコリラはまた下がりそうな気もします。
トルコリラ買い戦略は変わりません。45、44円台で購入しようと思います。
利益はトータル8万円程度。次こそ長期投資を目指します。

<PR>
為替一筋30年!伝説の為替ディーラー・水上紀行氏がメールマガジン配信をスタート。
最新の相場分析および水上氏が具体的にどういうポジションをっているか、
インターバンク情報など実戦的な内容になっていますので、
興味のある方はぜひチェックしてみてください。

|FX |トルコリラ

こんにちは、ニコです。
ギリシャのEU離脱問題も一時収まったこともあり
それじゃ、ここらでひとつ・・・と思ったのが大間違いでしたicon:kao-a11

ユーロ/ドルがゆるやかに上がっていくかと思いきや、
入れたタイミングを間違えたようです。

指値を入れて、タッチはしているのにすべったらしく
利確できず、連休明けで画面を開いたら大変なことに。。。

現在、-44,500で進行中。

|FX


先週はECB理事会がありましたが、
ドラギ総裁の会見からは特に目立った発言は出てきませんでした。

ドル、円、ユーロは特に方向感が出ていません。
各国の中央銀行総裁も相場に影響を与える発言は控えています。
目先のドル高やユーロ安などは、レンジ相場の中での一時的な動きでしょう。

8月の夏休み期間は相場参加者も少なく、例年レンジ相場になりがちです。
トレンド相場は9月のレーバーデー以降までおあずけとなりそうです。

|FX

早まりました (ニコ)
2015年7月13日 10:38
こんにちは、ニコです。

口座を開いたタイミングとギリシャ問題の急速な展開とが
重なってなかなか手が出せずにいたのですが、
「せっかく開いたので、試したい・・・」と思って機会を狙っていました。

先日、7月8日に円高が進んだのをみて、どこまでいくのか
ドキドキしながら様子をみていました。

特に何かを基準にしているのではないのですが、
自分のなかで日足、週足から「過去の何となく似たような線」
みたいなものをみています。

まあ・・・本当に感覚なのですが。。。

それで、もう下がらないかな、ここから少し戻すかしらと思い、
ドル/円を買ってみました。
初めてなので、しかも10,000通貨は初めてなので、まずは小さめで。

ところが、ビビッてストップをかなり狭く設定したために
1時間以内に引っかかるという凡ミスicon:kao-a11
あっという間にicon:e4f-5,300円。

「EUとの話合いである程度の方向が決まった時をみないと・・・」
と隣の神の声。

今週、EUの会議の動向によってどう動くかを
チャート開きながら勉強したいと思います。

|FX

トルコリラ/円上昇。46円にタッチした後、現在は45円台後半を推移しています。
上がらなくとも、動かないでいてくれるのが最高なのですが、
トルコリラは下落の要因が多すぎるのでそうもいかないでしょう......
引き続きギリシャ情勢や中国株の相場に影響を受けつつ、
当面は下値を探る動きとなりそうです。

トルコリラ買い戦略は変わらず。44、43円台で購入しようと思います。
スワップポイントは100,289円。ついに大台突破しました!

<PR>
為替一筋30年!伝説の為替ディーラー・水上紀行氏がメールマガジン配信をスタート。
最新の相場分析および水上氏が具体的にどういうポジションをっているか、
インターバンク情報など実戦的な内容になっていますので、
興味のある方はぜひチェックしてみてください。

|FX |トルコリラ

停滞中です (ヒヨコマメ)
2015年7月13日 10:12

ギリシア情勢は相変わらず混沌としておりますが、
株式は、やや落ち着きの様子です。

先週末には、iシェアーズのグローバルヘルスケアETFは上昇、
1株=110ドルまで戻しました。

しかし、やや円高だったので、300円プラスです。

icon:watermelon現在の資産 337,558
内、海外ETF 26,693円(1株=89.94ドルで購入)
※308,166円からスタート。1ドル=122.44円で計算。

|ETF


先週は久しぶりにギリシャ以外にも大きな問題が勃発!

上海総合指数が連日暴落し、なんと数日で32%も下落しましたね!

ついに中国経済もバブル崩壊か?と心配しましたが、

流石は一党独裁国家中国です。見事に週の後半2日で、

株価を操作し、暴落を食い止めた格好です。

IMG_3028.JPG

さらにはギリシャ問題にも新たな進展が.....

チプラスさんは国民投票で国民の「NO」をもらったにもかかわらず、

なんとEUが求める、緊縮案とほぼ同じプランを提出。

IMG_3045.JPG

これに驚いたのはギリシャ国民です。

チプラスに、騙された、もてあそばれたと大騒ぎ!

IMG_3046.JPG

意外にも妥協案を示されたEU側も

この改革案が本当に実行されるのか、信用できず

議会をまとめることはできませんでしたね。

混乱はまだまだ続きます。

さてドル円は現在122円56-57銭を推移。

株式資産は世界の混乱を受けて、

すべてマイナスになりました。


インド   19.60 HKD   マイナス

ブラジル   26.65   HKD  マイナス

ベトナム 208.80 HKD  マイナス


ブログランキング・にほんブログ村へ


《今週の収支》2015年7月13日10時50分時点 


香港ドルベース          
 176,184.88HKD

                       (7月7日より-12,105HKD)

    円ベース           13,277,175円

            (7月7日より-350,293円)


|ETF |インド株 |ブラジル株 |ベトナム株


ギリシャ問題のせいで相場は無茶苦茶になっています。

先週はギリシャで行われたEUの緊縮財政案に賛成するか否かの
国民投票が行われ、国民はNOをつきつけ、
月曜に相場は一気にリスク回避へ走り、円買いとドル買いが多くなりました。

しかし、金曜日にはギリシャ側から出された財政再建案が
EU側が提示していた案と似たようなものだったため、
それが好感されたのか、リスクオンの流れに。

要人の発言や財務会談などのイベントで
振り回されてしまう相場になっています。

先週いちばん振り回されたEUR/JPYは
値動きが激しいものとなり、ロスカットされた人も多く出たと思います。

ギリシャ問題が完全に落ち着いたわけではないので、
緊張ムードはまだ続きそうです。

|FX

二の足踏んでる。 (ニコ)
2015年7月 7日 14:07
こんにちは、ニコです。

口座を開いて、「さぁ始めるぞー!」と思ったら
ギリシャ問題で何やら手が出しにくい状態に・・・。
念のため、隣にいる神に聞いてみたら「いまは手を出さない方がいい」と。。。

国民投票の結果で動くかと思っていましたが、
荒れるまではいかなかったですねicon:wcloudy

さてさて、じゃあどのタイミングでポジションを持つかが
今後の私の課題。

いまのところ、ビビッて二の足を踏んでいるのですが、
ひまわり証券の「さきどりテクニカル」はいいのかもしれない。

sakidori.JPG

過去の類似した値動きと照らしあわせ、先を予測するというツール。
しかも、「ここで買いですよー」「ここで売りですよー」というシグナルまで出してくれる。

もちろん相場なので、動きは時間が経てば変わってくるので
全くその通りとはいかないこともあるけれど、
大縄跳びに入りタイミングを見計らいながらも、
いつまでも入れない私のような人間には背中を押してくれるからありがたいかもicon:e2f

|FX

先週のトルコリラ/円はやや下落...一時は45円を割り込みました。
ギリシャ国民投票の結果を受けてさらに下がるか?と思われましたが、
現在は45円台の後半まで回復しています。
影響が出るのはこれからなのでしょうか。
このままいったりきたりしてくれるのが個人的にはありがたいです。

トルコリラ買い戦略は不変です。44、43円台を狙っています。
スワップポイントは96,496円。10万円の大台まであと少しです!

<PR>
為替一筋30年!伝説の為替ディーラー・水上紀行氏がメールマガジン配信をスタート。
最新の相場分析および水上氏が具体的にどういうポジションをっているか、
インターバンク情報など実戦的な内容になっていますので、
興味のある方はぜひチェックしてみてください。

|FX |トルコリラ


すでにご存じのとおり、
ギリシャの国民投票でEU案が拒否されましたね・・・

株や為替が下落したことは、ニュースでも報じられておりますが、
iシェアーズのグローバル・ヘルスケアETFも例にもれず、
1株=108ドル台にまで下落してしまいました。

6月下旬には、1株=113ドルと、最高値更新をしたばかりなのにicon:kao-a09

それでも、今のところマイナス600円でおさまっているのは、
まだよいほうだと思うことにしますicon:face_mistake


ギリシャ問題がある程度見通しが立つまでは、
あまり期待できないかもしれませんね。


icon:watermelon現在の資産 337,256
内、海外ETF 26,693円(1株=89.94ドルで購入)
※308,166円からスタート。1ドル=122.73円で計算。

|ETF


先週は米国の雇用統計発表もありましたが、
結局ギリシャの問題に市場は注目していました。

5日(日)ギリシャにて緊縮財政を行うか否か
の国民投票が行われたところ、過半数がNOを突きつける、
という異例の事態になりました。

これにより、ギリシャはEUの提案する緊縮財政を行うことには反発するが、
ユーロは離脱しない、という無茶苦茶な状態で、この問題は泥沼化しています。

EUR/USDやUSD/JPYはギリシャ問題により明確なトレンドが出ず、フラフラとしています。

来週にはECB理事会を控えており、ドラギ総裁の発言に注目しています。
ユーロ、アメリカ、日本のいずれかの中央銀行総裁の発言によって、
今の混迷相場を抜け出すトレンドは作られると思いますので、
中央銀行のイベントはチェックしておきます。



|FX

緊縮政策に「NO!」。でも、ユーロ圏への残留を希望。

これがギリシャ国民の勝利宣言!なんだとかicon:face_embarrassedicon:face_embarrassedicon:face_embarrassed


いやはや、ギリシャ面白過ぎです。

緊縮財政で年金が減額されたと文句たらたらですが、、

例えば同じユーロ圏のソロバキアの年金に比べると、

なんと3倍もの額を貰っているんだとか。

ソロバキアの人々は怒ってましたね(笑)

IMG_3009.JPG


IMG_3017.JPG

IMG_3012.JPG


さてさてこのギリシャ問題、思ったよりも先は長そうです。

IMFへの返済が滞っても、銀行が閉まっても結局、何も起きていません。

いじわるな見方ですが、ギリシャがこれから少しづつ少しづつ

デフォルトへと突き進んでいく様子、歴史の証人として、

じっくり見届けさせていただきたいと思います。


さてドル円は現在122円76-77銭を推移。


インド   19.76 HKD プラス

ブラジル 27.60 HKD  マイナス

ベトナム 212.40 HKD プラス


ブログランキング・にほんブログ村へ


《今週の収支》2015年7月7日10時20分時点 


香港ドルベース          
 188,289.88HKD

                       (6月29日より+9,660HKD)

    円ベース           13,627,468円

            (6月29日より+153,014円)



|ETF |インド株 |ブラジル株 |ベトナム株

おはようございます。
ぱんです。

相変わらずタイファンドが不調ですが・・・
genchart0706.png

配当が出たので、何とかマイナスは少なめです。
要因は・・・・・・色々調べてみたのですが、革新的な情報が見つからず・・・・・・。
タイミング的にギリシャの影響では?と思っております。はい。

さて、残高は?
2015年7月3日14:00時点の口座残高

   米国株式:1,609.20米ドル
+ 米ドル  :1,346.96米ドル
―――――――――――――
計         2,956.16米ドル(プラス456.16米ドル)

前回から19.59米ドルのマイナス
逆に配当が無かったら、と思うとぞっとします。

合計(円ベース):472,691(1ドル=123.42円)

円ベースでは、前回から1,541円のプラス

それにしても、ギリシャはどうなるのやら......。
為替の方も気になります。


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

|ETF |クリーンエナジー |タイファンド

カレンダー

<    2015年7月    >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

マネーリンク