2013年1月アーカイブ



トラの愛らしいキャラクター「トラリピくん」が人気のマネー・スクウェア・ジャパンでは、
3月31日まで口座開設キャンペーンを開催中です!






口座開設をすると、
「FX トラリピ教科書」をプレゼント!

さらに取引額に応じて、
最大5000円分のJTBギフトカードがもらえます!


トラリピくんのツイッターがまたかわいいですよicon:kao-a02

|キャンペーン情報


米ドル円のスプレッド幅が原則固定0.11銭と、
業界最小水準を誇るSBI FXトレードでは、
1月31日までに口座開設し、かつ2013年3月1日Am6時30分までに取引をした人に、
取引量に応じて最大1万2000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

円安基調のいまこそチャンスかもしれませんよicon:note

詳しくはこちらをクリック




|キャンペーン情報

おはようございます。ぱんです。


みなさん、バイナリーオプションという商品をご存知でしょうか?

簡単にいえば、「一定の条件」を「満たす」か「満たさない」かを予測する、二者択一の金融商品で、FXに続く金融商品として注目が集まっています。


その中には、単純に一定の金額よりも高いか低いかを予測するような<ハイ・ロウ>タイプのものや、一定の金額に一回でも達することができるかできないかを予測するものまで、二者択一と言いつつも、金融企業によって仕組みはさまざまです。


メリットとしては、

①仕組みが単純明快であるため、初心者もトライをしやすい

②損益額があらかじめ把握できるため、リスク管理がしやすい

などが挙げられています。

このバイナリーオプションですが、仕組みが単純明快なあまり賭博的な要素も強いことから、今回、金融先物取引業協会を中心に、自主規制が制定されることになりました。


詳細は今年度中にまとめられるとのことですが、大枠は以下の通り・・・


①ハイ、ロー・タイプのバイナリー・オプションは、金融商品でなく、賭博性が高いことから禁止

②オプションの満期時期は、規制される(例:60秒など、短期のオプションは禁止)

③一人当たり、一日に取引できる取引量と最大損失額に上限が設けられる

④オプションのスプレッドは、禁止され、同じ基準価格で上昇するか、下降するかを選択するものとなる

⑤仮に、ブローカーがあるオプションの受付を終了する場合(例:過剰ポジション)には、ブローカーは、具体的な理由をウェブサイト上に開示すること

⑥ブローカーは、顧客全体の合計利益と損失を開示する


人気が高まりつつある商品だったこともあり、今後の動向は注目されています。


さて、そんなバイナリーオプションを扱っている、主な企業をご紹介します。


トレイダーズ証券「みんなのバイナリー」

GMOクリック証券






規制内容が固まることで、今後、さらなる参入も期待されています。


カレンダー

<    2013年1月    >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

マネーリンク