2010年6月アーカイブ

FXオンライン・ジャパンオフィス移転記念レセプション
パーティーへ参加してきました!

常に新しいサービスや技術を提供し続けるグローバル企業の、
経営陣の話が聞けるチャンスにドキドキワクワク・・・

にほんブログ村 
為替ブログ 為替投資情報へ

パーティーの前半では、FXオンライン・ジャパンの親会社である
IGグループのCEO、ティム・ホーキンス氏やFXオンライン・ジャパン
のCEOに就任したばかりのアンドリュー・マッケイ氏、取締役会長
のジェームス・ダラス・ガウ氏らによる、IGグループとFXオンライン・
ジャパンの現状やこれからについてのスピーチがありました。

IGグループの収益はここ数年でぐんぐん伸びており
本国以外からの収益は40%を超えるまでになっています。
それだけ世界中で受け入れられているということでしょうか。
私が思うIGグループの魅力のひとつに「地域に合わせた
カスタマイズ
」があります。FXオンライン・ジャパン
IGグループの一員になってからIGグループが自社開発した
PureDealというプラットホームを導入しましたが、これが
日本の事情にあわせて細かいところまでカスタマイズ
されているんです。ツールや指標が日本語で見られる
だけでなく、通常はドルベースでしか取引できない商品も、
円建てで提供
していたり、取引単位を日本人に馴染みの
あるもので提供
していたり・・・ここまでできる会社はなかな
ないと思います。

パーティーの後半で、ホーキンス氏、マッケイ氏に直接質
をすることができました。そのときの様子はまた次回に!

|取材日記

「勝ち残りFX」外伝の第3弾、引き続き鈴木隆一氏に
ご登場いただいております。前回は、鈴木氏が証券マン
だったころのお客様が、今でも心理面での師匠と
なっているというところまでお話いたしまいた。

suzukishigaiden.JPG

鈴木氏にはテクニカル分析でも師匠がいます。
証券マン時代に初歩から学んだ四方田勝久氏、
為替のテクニカルを学んだイアン・コプシー氏です。

四方田氏は株式投資におけるテクニカル分析のスペシャリストで、
雑誌、書籍等さまざまなメディアでご活躍されています。
イアン・コプシー氏はエリオット波動の研究で有名ですね。
現在は日本にお住まいで、今でも御自身で為替の
分析レポートを発信されています。

「テクニカル分析のプロ」と聞くと初心者には手の届かないような
高度な話をイメージしがちですが、鈴木氏の話からは
基本を非常に大切にされている印象を受けました。
下記に紹介する鈴木氏オススメ本からもよく分かります。
「基本を大切に」これも勝ち残っていく素養のひとつですね!


勝ち残りFXはこちらから!

kachifx.jpg











【鈴木氏オススメ本】
『日本テクニカル分析大全』 テクニカルアナリスト協会編
鈴木氏のコメント:テクニカル分析を体系的に学べる点が、良い点です!

『投資で勝つ最強の「心理」法則』 板垣哲史著
鈴木氏のコメント:とても基本的な事ばかりですが、
自分ではなかなか気がつかない心理面の欠点を
発見・修正するためにとても良い本です。

にほんブログ村 
為替ブログ 為替投資情報へ

|取材日記

先日発売された、

「真剣に資産を増やしたい人のためのFX必勝方程式」の共著でもおなじみ、

鶴泰治氏が代表を務めるFXトレード・フィナンシャル

マット今井こと今井雅人氏が代表を務めるマットキャピタルマネージメント社が

共同開発した、売買シグナルツール「マットFXTF方程式」

6月9日にリリースされましたicon:ecstoramation


ブログランキング・にほんブログ村へ

 

プロトレーダーのテクニカル分析からつくられた、

2種類の売買シグナルが24時間確認できます。


現時点ではトレンド系シグナルのみのサービスですが、

近日中にオシレーター系シグナルのサービスも開始する予定とのこと。

 

無料で利用できるサービスなので、

まだFXを始めたばかりで売買タイミングがわからない人

つい誘惑に負けて損切れなかったりなど、

結果が出せずにきた人も、試してみる価値アリでしょうicon:ecstoramationicon:kao-a17icon:body_no1


ちなみに、こちらのサービスの対象通貨ペアは、USD/JPY、EUR/JPY、EUR/USDです。


詳細・口座開設はコチラから

今ならお得なキャンペーンも実地中ですicon:face_smileicon:kira01


人気ブログランキングへ

|キャンペーン情報 |新サービス |耳より情報

勝ち残りFX外伝の第3弾、鈴木隆一氏
ご登場いただいております。前回は鈴木氏が証券マン時代に、
お客様である会社経営者に言われた言葉に号泣した・・・
というところまでお話しました。

社長は何とおっしゃったのでしょうか。

にほんブログ村 
為替ブログ 為替投資情報へ


「君が、僕に対して"すまない"と思う気持ちはありがたいが、
その気持ちのままでいて間違った情報を届けると、また僕は
間違った判断をするから、お願いだから"普段通り"でいてくれ。
最終的な判断は、僕がしたのだから君を責めるつもりは全く無いから。」



鈴木氏はこの損を取り戻せぬまま為替の部署に転勤となりましたが、
社長自身はその後おなじ銘柄が元の値段に戻るときに大きく勝負して、
損を何倍にもして取り返したそうです。

鈴木氏はこの社長から自己責任を全うする投資家の姿勢
教えられたそうです。また、そのような投資家には幸運の女神が
必ず微笑む
と言うことも体験し、今でも社長は鈴木氏にとって
トレード上の心理面における師匠となっているそうです。


このお話を伺って、私は非常に耳の痛い、居心地の悪い
気分になりました。私の数少ないトレード経験の中でも、
人が予想したものを鵜呑みにして売買することの、なんと多いことか。
しかも鵜呑みにすればするほど、普段の自分ルールを忘れて
決めていたのと違うタイミングでエントリーしたり、ストップロスを
はずしたりしてしまうのです。


そして「ネットには上がるって書いてあったから買ったのに・・・」
なんて思ってしまうのです。「投資は自己責任」と頭では
分かっていても、鈴木氏の話に出てきた社長のように
言えるかどうか・・・。皆さんはいかがですか?


「勝ち残りFX」外伝・鈴木氏編③へ続きます!

kachifx.jpg











|取材日記

カレンダー

<    2010年6月    >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

マネーリンク