2006年12月アーカイブ

今日は、マネー誌などで為替の記事を執筆しているイラストレーター、
きむらもなみさんにインタビューしてきました。
もなみさんはワタヤンの仕事仲間なのです。

monami2-.jpg
 

 

 

 

 

 


ワタヤン:
ごぶさたしてます!FX探検隊のワタヤンです。もなみさんとは、
以前に某PC雑誌で一緒に投資日記のコーナーを作りましたね!
FX投資は、まだ続けていますか?


もなみ:
はい。控え目に細々と続けています(笑)。最近やっとFXという
ものがなんとなくわかってきたような…‥なんて☆。



ワタヤン:
もなみさんの投資スタンスを教えてください。


もなみ:
損切りしない長期的投資です(^u^)☆
そのかわり、資金配分には無理のないようにかなり気を遣っています。



ワタヤン:
おお、同じだ(笑)ところで、もなみさんが注目している通貨ペア
はなんですか?



もなみ
以前はアチコチに手を出してみたものの、ドル円以外はあまり
理解できていないので(笑)、今はドル円中心です。



ワタヤン:
もなみさんが考えるFXの魅力とは何でしょうか?


もなみ:
素人の方が儲かりやすぃという点でしょうか。
あと、意外にものんびりやさんに向いているというところかなぁ。



ワタヤン:
ほったらかしにしておけば、スワップがたまりますもんね。あと、
もなみさんが参考にしているFX書籍や情報サイトなどありましたら
教えてください!



もなみ:
情報サイトや書籍に齧り付いたりするほうではないのですが、最近は、
『外国為替証拠金取引の真実44―賢く儲ける人だけが知っていた』
(著:山本 久敏)を読みました。とにかくわかりやすく、基本から
学び直せて、初心者の方にはとくにお薦めです。



ワタヤン:
では、最後にもなみさんのクリスマスの予定なんかを教えてください。
いや、下心とかではなくて、エヘンオホン!



もなみ:
ええと…‥、正直にお答えしてよろしいのでしょうか(アタフタ)、、、
ゲーム仲間達と公民館で遊ぶ予定です。
(^-^=)照。。。



ワタヤン:
(ゲーム三昧か…)ありがとうございました!これからもFX探検隊
のアイドルとして、ちょくちょく遊びに来てくださいね=3


もなみさんのブログはこちら

|取材日記

最近、巷ではベトナムやタイなど新興国への投資が
ブームになっている。マネー誌だけでなく一般誌でも
「ポストBRICsはどの国か?」なんていう話題で
持ちきりだ。ブームの火付け役といえるのが投資顧問
会社グローバルリンクアドバイザーズのアナリスト・
戸松信博氏。戸松氏は1995年にいち早く中国株投資に
注目し、ベストセラーとなった『10万円から本気で増
やす中国株』の著者として知られている、新興国株投資
の草分け的存在だ。

その戸松氏が、中国株の次に目をつけているのがベトナ
ム市場なのだ。人件費が安く、資源も豊富なベトナムは
10年前の中国と同じく高い成長が見込めるという。とある
雑誌の仕事で、ワタヤンは戸松氏にインタビューを行う
ことに成功した。さっそくみなさんに報告しよう!

ワタヤンwatayan.gif
いきなりですが、BRICsの次に急成長する市場は
ベトナムなのでしょうか!?

 

 


戸松tomatsu.jpg
その可能性は、大いにあると思います。ベトナムの2005年の
GDP成長率は8%を超えており、勤勉で優秀な若い労働力
が豊富な国です。2020年には人口が1億人を突破するといわ
れています。海洋石油・ガスを中心とした極めて豊富な天然
資源を保有している点も強みです。

 

 

 


ワタヤンwatayan.gif
それは頼もしいですね!でも、ベトナム株って日本の証券
会社でも売ってくれるんですか?

 

 


戸松tomatsu.jpg
ベトナム株取引を行うためには、現地の証券会社で口座を
開設しなければなりません。また、実際に口座を持てたと
しても、どの株に投資すればよいか、銘柄リサーチは個人
投資家にとっては難しいことだと思います。

 

 

 



ワタヤンwatayan.gif
じゃ、ベトナム株が上がるのを、指をくわえてみている
ことしかできないのですか…

 

 


戸松tomatsu.jpg
ベトナム株に投資するファンドを利用する手があります。
私の会社でも、ベトナム株ファンドを販売するんですよ。
銘柄リサーチは私が担当しています。

 

 

 

 

 


ワタヤンwatayan.gif
戸松さんがファンドマネージャーになってくれるのですか!
ベトナム株に精通したプロに任せられるなら、ベトナムの
成長を取りこぼさずにすみそうです。

 

 


戸松tomatsu.jpg
このファンドの一番の特徴は、手数料が無料である点です。
できるだけコストを削減し、お客様の利益に還元したいと
思っています。また、個人では現地の証券会社に口座を開
いても購入が難しい、OTC銘柄やIPOへの投資を実現
しました。OTC銘柄には年間で50~100%も業績が伸びて
いるのに、割安なまま放置されている銘柄が存在します。
このような銘柄を独自の企業訪問でリサーチし、上場前に
ファンドに組入れることを目指します。

 

 


ワタヤンwatayan.gif
おぉっ!何だかお得な感じがしますね。僕はFXばかりで、
株の投資経験があまりないので、ファンドから勉強してみます。

 



戸松tomatsu.jpg
弊社のHPでもベトナム株の魅力について紹介していますので、
ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

 

 


ワタヤンwatayan.gif
ありがとうございました。さっそく他のメンバーにも教えます!
 

 

 


グローバルリンクアドバイザーズHP

|取材日記

カレンダー

   2006年12月    >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

マネーリンク